高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

【稼げるのか】森田真之(デーブ森田)のデブトレFXの手法を徹底調査

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』の概要

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

タイトル:元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

運営責任者:デーブ森田(森田真之)

販売会社:合同会社カノープス

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

魅力的なノウハウが詰め込まれたデブトレFX

 

今回ご紹介する『デブトレFX』ですが、

他のFX商材よりも魅力的な内容がふんだんに詰め込まれているとして

販売開始直後から反響がもの凄いことになっています。

 

通常であれば、無料オファーをメインに調査を行っていますが、

非常に人気が高まっているということで

今回は他の無料オファーよりも優先的に調査しようと思います。

 

 

魅力的な内容がふんだんに詰め込まれているだけでなく

『デブトレFX』では、販売者の経歴もフィーチャーされています。

 

販売者である森田真之さんは「デーブ森田」のニックネームで

FX業界で活躍されている、国内でもトップレベルの現役プロトレーダーです。

 

商材タイトルにも記載がある通り、

デーブ森田さんは過去にみずほ証券に11年半在籍し

全国第5位の営業成績を誇っていたそうです。

 

資産管理を担当した人数はおよそ2,400人と

資産運用の経験と実績は折り紙付きな方でもあります。

 

販売ページには森デーブ森田さんのプロフィールが掲載され、

プロフィールの項目もみずほグループの看板色である

青を基調とした仕上がりになっています。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

青背景に白い文字を見ると

勝手にみずほ銀行が連想されるように、

 

みずほフィナンシャルグループといえば

やはりみずほ銀行が最も知名度が高く、

国内でも三大メガバンクの1つの超有名企業として

普段から利用されている方が非常に多いでしょう。

 

そんなみずほフィナンシャルグループの一つである

みずほ証券に長年在籍していたわけですから、

本物の経歴であると言わざるを得ません。

 

仮に経歴を偽って、今回の販売のために

無理やりみずほ証券の名前を使っていたとしたら

最悪訴えられかねませんから、

デーブ森田さんの実績は偽りようがありませんね…。

 

 

とはいえ、ここまで知名度の高い企業に所属していた方が

FX商材を発表するというのは今までなかったので、

『デブトレFX』には大きな期待を寄せています。

 

 

デブトレFXの手法ロジックについて

 

『デブトレFX』ではデーブ森田さんが証券会社時代に

11年間積み上げてきた経験と実績を元にFX運用へ活かして

オリジナルのシグナル配信ツールを開発し、

シグナル通りにトレードを行うシステムトレードとなっています。

 

システムトレレード商材といえば

サインの指示通りにトレードを行うだけで利益が出せるので

非常に人気の高いものとなっています。

 

システムトレード商材に限って言えることではありませんが、

多くのFX商材では手法は公開されても

ロジックは非公開といった場合が多く見受けられます。

 

ですが『デブトレFX』では驚くことに、

通常なら非公開のままになっているロジックが

販売ページで完全に公開されています。

 

ここまで明確にロジックが公開されていますので、

ノウハウの中身を事前に知ることができ

本当に稼げる手法なのかを比較的判断しやすいといえます。

 

 

では、『デブトレFX』には

どのようなロジックが組み込まれているのでしょうか。

 

 

『デブトレFX』では

 

・ドル円にレンジ用の逆張りインジケーター

・NYダウにトレンド用の順張りインジケーター

 

といった、2つのロジックが組み込まれています。

 

この2つのロジックを組み込むのには明確な根拠があり、

ドル円の場合は

 

“レンジ相場を形成しやすい”

“1日の値動きの幅が一定に収まりやすい”

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

NYダウの場合では

 

“トレンド相場を形成しやすい”

 

といった、それぞれに大きな特徴を持っています。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

FXを実践されている方ならお分かりかと思いますが

レンジ相場では逆張り、トレンド相場では順張りでエントリーすれば

効率良く利益を獲得できますね。

 

ドル円とNYダウにはもう一つ大きな特徴があり、

一方の値が変動すればもう片方がそれに引っ張られるように

同じような値動きをします。

 

つまり両者は、連動性が非常に高いということです。

 

販売ページにドル円とNYダウの値動きの掲載されていますので

そちらをご覧頂ければ一目瞭然です。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

掲載されているキャプチャ画像を見ればお分かりの通り

ほとんど似た動きをしていますね。

 

 

要は、デーブ森田さんはそこに注目したというわけです。

 

であれば、レンジ相場を形成しやすいドル円では逆張りで

トレンド相場を形成しやすいNYダウでは順張りでエントリーすることが

最も理に適った方法だということになります。

 

ロジックの優位性が高いことは間違いありませんが、

そのロジックを完全に公開しているという点は

他のFX商材にはほどんど見られませんので、大いに評価すべきですね。

 

 

そのロジックを元に、インジケーターについても解説しておきます。

 

まずドル円インジケーターからです。

 

 

サイン①:「雲」と「矢印」で瞬時にエントリー判断を行うことが可能!!

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

サイン②:「大きな矢印」でNYダウの「方向性を表示!!

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

サイン③:「パーセンテージメーター」が雲と矢印のエントリーを予告!!

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

次はNYダウインジケーターです。

 

サイン①:「矢印」でNYダウのレンジブレイクをリアルタイムで表示!!

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

サイン②:「大きな矢印」でドル円の方向性を表示!!

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

サイン③:「パーセンテージメーター」が雲と矢印のエントリーを予告!!

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

このようになっています。

 

ドル円では1日の値幅がおよそ80pipsですので、

上限と下限にラインが表示され、

上下のラインにタッチするとエントリー用の矢印が表示され、

 

上限のラインでは売りでエントリー、

下限のラインにタッチすると

買いの逆張りでエントリーとなります。

 

 

ドル円とNYダウに大きな連動性があることは先程も説明しましたから、

ドル円のインジケーターにNYダウの方向性が、

NYダウのインジケーターにドル円の方向性が表示されることは

至極当然のことだといえますね。

 

NYダウはレンジブレイク直後にトレンドを形成しやすいので、

レンジブレイクした際にもエントリー表示がされる仕様になっています。

 

 

販売ページのインジケーター解説を見ただけでは

様々なことが書かれてあるため、

少々理解に苦しむ方がいらっしゃるかも知れません。

 

しかしながら、ドル円とNYダウの連動性やロジックを把握しておけば

これらの項目もすんなりと頭に入ってくるのではないでしょうか。

 

 

トレード手順は簡単3ステップ

 

『デブトレFX』のロジックやインジケーターに関しては

理解が深まりましたでしょうか?

 

では、それらを踏まえて『デブトレFX』では

どのような手順を踏んでトレードを行うのでしょうか。

 

どうやら3つの手順を踏むだけでトレードが完結してしまうそうで、

システムトレード商材によくありがちな簡単な手順となっています。

 

それが悪いというわけではないのですが、

『デブトレFX』の場合ではロジックが完全に公開されていますから

何故このような手順を踏むのかも正確に理解することができます。

 

ちなみに3ステップの手順ですが、

シグナルを確認して新規エントリーを注文発注し決済注文を発注します。

 

注文結果が出たら利益や損失を確認するだけという

実に簡単な内容となっています。

 

たったこの作業を行うだけで利益を獲得できますが、

『デブトレFX』では月利6~13%が平均値となっています。

 

この数字を見れば誰でもお分かりでしょうが、

実に現実的な数字となっています。

 

 

FX商材では特に

 

・勝率90%以上

・~pips獲得可能

・年利200~300%は確実

 

などの謳い文句ばかりが目立ちますが、

 

世界の有名投資家であるウォーレン・バフェットですら

生涯年利は30%にも満たない数字であることから、

これらの数字は明らかに非現実的であると言わざるを得ません。

 

販売ページの数々の実績を見てみれば、

謳われている利益がどれだけ現実的なものか

すぐに察しがつくのではないでしょうか。

 

 

ちなみに『デブトレFX』でもMT4を使用しますが、

作業自体がシンプルになっていますので

使い方が分からずに挫折するなんてことは

ほぼ有り得ないと思って良いでしょう。

 

もし分からなければ、電話サポートやメールサポートを

フルに活用すれば済むだけのことですし。

 

 

ユーザー特別特典やスペシャル先行特典も目が離せません

 

これだけ明確にロジックを公開されているだけでなく

実に現実的な数字を謳っている『デブトレFX』ですが、

これから新たに参加する方のために

ユーザー特別特典やスペシャル先行特典が用意されています。

 

 

まずはユーザー特別特典ですが全部で4つあり

 

特別特典その①、デーブ森田のリアルトレード動画(音声解説入り)

特別特典その②、デーブ森田オリジナルの『収益計算シート』

特別特典その③、『デブトレFX』ユーザー専用、メルマガ配信サービス(6ヶ月間)

特別特典その④、デーブ森田のLINE@メンバーにご招待!!

 

となっています。

 

これらは『デブトレFX』に参加した方全員

もれなく受け取ることのできる特別特典になっています。

 

 

実際にデーブ森田さんが行っているトレードを

映像で直接学ぶことができるため、

トレードスキルの向上には欠かせない要素ですね。

 

 

収益計算シートは必要項目を入力するだけで

月間収支をシュミレートできる仕様になっています。

 

『デブトレFX』の収益率が自動で算出されるので

継続して実践する上では必須といえます。

 

 

ユーザー限定で配信されるメールマガジンには

『デブトレFX』の最新情報や

トレードを有利に進めることのできる内容が

数多く届けられることは間違いありません。

 

 

LINE@メンバーですが、これに参加することで

デーブ森田さんと一緒に食事ができたり

パーティーに参加することができるそうです。

 

他のユーザーと接することができるのは勿論、

デーブ森田さんと直接会って

トレードに対する考え方を学べる機会でもあります。

 

通常のFX販売者ではここまでのサービスは行いませんから、

『デブトレFX』に参加することは

人生の大きな財産になると言っても過言ではありませんね。

 

 

更にスペシャル先行特典についてですが、

こちらは期間限定となっており

期間が終了してしまうと絶対に参加できない内容になっています。

 

ちなみに内容としては

 

スペシャル特典その①、デーブ森田とのディナーご招待(参加費無料)

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

スペシャル特典その②、チャットサポート

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

となっています。

 

どちらも魅力的な内容ですね。

 

デーブ森田さんとディナーをしながら

トレードの話やプライベートな話までできますし、

ディナーの費用は全てデーブ森田さんが負担してくれます。

 

現在では3億5千万円以上を運用している

現役のプロトレーダーですから、

高級レストランでディナーなんてことも十分有り得ます。

 

 

チャットサポートですが、

チャットワークを導入してのサポートとなるようです。

 

チャットワークはスマホアプリでも使用できますので

外出先でも簡単に利用することができます。

 

こちらも回数制限は無制限となっていますので

いつでもどこでも気軽に利用することができます。

 

 

一通り特別特典の内容を見てきましたが

いずれも魅力に溢れたラインナップですので、

これらの特典目当てで参加する方がいるかも知れませんね。

 

とはいえ、トレードを行う上での期待値は

他のシステムトレード商材よりも

遥かに高いと断言できますので、

 

『デブトレFX』に参加を検討している人は

スペシャル先行特典が受け取れる今のうちに

参加しておいて絶対に損はしません。

 

 

『デブトレFX』の調査を一通り行ってきた私ですが、

非常に興味深い内容ですので

今後も更に掘り下げて調査を行っていこうと思います。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

最近のコメント

    為替変動リスク