高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

◆根崎優樹のフリスタFX(フリースタイルFX)は危険性大◆

 

根崎優樹、フリースタイルFXの概要

 

フリースタイルFX

 

タイトル:フリースタイルFX

運営責任者:根崎優樹

販売会社:株式会社チャートマスター

 

フリースタイルFX

 

フリースタイルFX(フリスタFX)について

 

ネット上で話題にのぼっているフリースタイルFXですが、

こちらのオファーに関する話題は必ずしも良いものではないようです。

 

フリースタイルFXについてオファーページで

謳われている内容を見ると、1日20分チャートを確認するだけで

後はスマートフォンがあれば済んでしまうそうです。

 

フリースタイルFX

 

トレードの頻度自体は1週間に1~3回程度だけなのにも関わらず、

資金が毎月2倍近くも増えるとも謳われています。

 

オファーページを見る限りFXのオファーであることは確かですが、

具体的な中身は非公開となっています。

 

具体的なロジックや手法が非公開になっている無料オファーは

非常に多く存在しますが、その中でも

フリースタイルFXは特に悪質オファーである可能性が高いです。

 

フリスタFXの購入を検討している人もいるはずなので、

早速調査を行ってみたいと思います。

 

 

フリースタイルFXの特徴

 

フリースタイルFXにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

・1日20分チャートチェックで、後はスマホでOK!

 

1日20分だけチャートをチェックをして、

あとは全てスマートフォンだけで済むそうですが、

スマートフォンでどういった作業をするのか

具体的な内容が全くの非公開になっています。

 

チャート自体はローソク足しか見ないと謳われていることから

シンプルで誰でも出来ることを強調していますが、

それを証明するだけの明確な証拠が公開されていない以上

鵜呑みにするわけにはいきませんね。

 

・1週間で1~3回のトレードで、資金が2倍近くに増える!

 

非常に少ないトレード回数ですが、これだけの少ない回数で

本当に資金が2倍近く増えるのかも疑わしいです。

 

それだけの回数で資金を倍近くまで増やすとなれば

勝率が高くなければならないことは大前提ですが、

運用する金額も明かされていないことから不透明さは拭えません。

 

・最大リスクが資金の5%までに抑えられる

・資金管理(リスクリワード)が1:10

 

リスクを軽減出来てこそ長期的に運用出来るものですが、

勝率が7割に対してリスクリワードが1:10という表現を見る限り

明らかに誇大広告であると言わざるを得ません。

 

一度のトレードでかなり大きな利益を出さなければならず、

伴うリスクはそれ相応になるのが普通です。

 

ですが、オファーページ内では

リスクに関して具体的な説明が全くされていないため、

この段階でリスクリワードが1:10と言われても

納得出来るだけの説明がされていないので信じるわけにはいきません。

 

一見すると魅力的なオファーに見えますが、

現実的に考えるとかなり誇張された表現が目立ちますし、

肝心なところが非公開にされている以上

どういう手法ロジックを用いているのかサッパリ分かりません。

 

唯一分かることと言えば、ローソク足を用いた

スイングトレードを行うことだけです。

 

確かにローソク足はチャート分析でよく用いられ、

非常に分かり易いチャート分析法ですし、

スイングトレードには頻繁にチャートをチェックする必要がないという

メリットは存在します。

 

ですがスイングトレードの場合、相場の急変に対応できないことが

デメリットなので、スイングトレードを推奨するためには

それ以上に根拠となる理由が必要ではないでしょうか。

 

リスクが資金の最大5%で抑えられると謳われていますが、

投資の世界に絶対が無い以上、確実に資金の5%で抑えられる

という保証はどこにもありません。

 

オファーページの内容だけを見ても

説明不足なのは明らかですし、

結果的に信ぴょう性の低さを露わにしています。

 

フリースタイルFXの特徴を見る限り、

FX初心者しか真に受けないよう内容としか感じられません。

 

 

根崎優樹氏と販売社の経緯

 

フリースタイルFXの仕掛け人である根崎優樹氏ですが、

オファーページを見る限りでは、かなりの実力者に見えます。

 

18歳から株式投資を始め、20代前半にFXに転身し

FXの技術を身に付けるためにアメリカの投資教育期間である

CFGに入学したとのことです。

 

CFGはConcorde Forex Groupの略称で、世界で一番

大規模な投資教育機関です。

 

そこで朝から夜まで講義と実践の繰り返しで

トレード漬けの毎日で投資を学んだそうです。

 

そして最も難関とされる、50連勝という卒業試験を

アジア人で唯一クリアして卒業出来た強者です。

 

フリースタイルFX

 

その経歴がもし真実であれば

ネット上でも評判が良くなりそうなものですが、

現実はそう上手くいかないようです。

 

今回のオファーを手掛ける株式会社チャートマスターが

過去にいくつかの商材を販売しています。

 

以前に販売したFX商材は

 

・鬼ヶ島FX

・黒船再来FX

・白船誕生FX

 

などがありますが、いずれもPAチャートが絡んだ商材です。

 

PAチャートとはEAのようなFX専用のプラットフォームシステムのことで、

どうやら株式会社チャートマスターが

PAチャートを独占して販売出来る権利を持っているようです。

 

PAチャートを使うことで利食いや損切りが明確になるので

使い勝手が良いとは言われていますが、

利用料が月額25,000円もかかってしまいますし、

更に3,000円支払うことでPAチャートを使って利用できるとのことです。

 

いずれの商材も誇張表現が多い割には殆どの商材が結果が出ず

PAチャートの毎月の利用額が高いことから、

非常に評判が悪いとネット上でかなり叩かれています。

 

『チャートマスターは詐欺だ!』という声も上がっている位です。

 

過去のどの商材でもPAチャートを使用するのが前提なので、

今回のオファーであるフリースタイルFXも

結局はPAチャートを使用しなければならない可能性が極めて高いです。

 

仮に利益が出たとしても、PAチャートの月額料金で

結構な金額を持って行かれるので、

純粋に利益と呼べるだけの利益が出る見込みはとても薄いです。

 

 

株式会社チャートマスターが行政処分を受けている

 

情報商材業界でも評判が悪い株式会社チャートマスターですが

去年の6月に法令違反行為により、証券取引等監視委員会から

行政処分を受けています。

 

処分の対象になった原因として挙げられているのは、

無登録で店頭デリバティブ取引の媒介を行ったこと、

登録業者に名義貸しを行っていたことです。

 

1つ目は無登録の外国証券業者2社の証券口座で

自動売買ソフトを販売し、購入者に

口座開設手続きのサポートをしたという内容です。

 

2つ目は無登録の会社に名義貸しを行い、

日経225オプション取引の投資助言行為を行っていたとの内容です。

 

これらの理由で業務停止命令と業務改善命令を受けていたのですが、

行政処分が解かれた後も、以前までと変わらない営業方針で

フリースタイルFXのような無料オファーを開始していることから、

非常に悪質な会社である可能性が高いと言えます。

 

過去に一度でもトラブルを起こした企業は、

ネット上に当時の情報が残ってしまいますから、

もし真っ当な会社であれば、以前と同じように

FXオファーを公開したりはしないはずです。

 

にも関わらず、今回も懲りずに無料オファーを公開しています。

 

株式会社チャートマスターにについて調べた人なら、

この業者がどれだけ悪質かはすぐに分かります。

 

FX初心者の方や未経験者でしたら

あからさまな誇大広告に騙されて参加を検討するでしょうが、

参加したところで、悪質商材が待ち構えていることは

誰の目から見ても明らかです。

 

ネット上で株式会社チャートマスターに関する情報を

事前にチェックしておくこと、オファーページの内容だけを

完全に鵜呑みにしないようにしましょう。

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

フリースタイルFX

最近のコメント

    為替変動リスク