高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

カタログビジネス ザ・ファイナル(カタログビジネスtheFINAL)には参加する価値があるのか

森下博のカタログビジネス ザ・ファイナル(カタログビジネスtheFINAL)の概要

 

カタログビジネス

タイトル:カタログビジネス ザ・ファイナル(カタログビジネスtheFINAL)

運営責任者:森下博、長岡孝汰

販売会社:合同会社アレグロ

 

カタログビジネス ザ・ファイナル

 

森下博がカタログビジネス ザ・ファイナルの全貌を暴露

 

3話目の無料動画の中で

カタログビジネス ザ・ファイナル(カタログビジネスtheFINAL)の

開校が宣言されたばかりですが、つい先ほど

待ちに待った4話目の無料動画が配信されました。

 

オファー公開直後から

カタログビジネスを取り上げてきた私としても

4話目の無料動画を視聴して

 

『ようやく全貌が暴露されたか』

 

と感じた次第です。

 

 

4話目の無料動画では

カタログビジネス ザ・ファイナルの参加条件や

募集内容の詳細、そして今まで明かされてこなかった

全く新しい情報もいくつか暴露され

参加を検討するのに十分な情報が出揃ったと言えます。

 

しかしながら、当調査ブログには

 

『カタログビジネスtheFINALに参加して大丈夫か』

『森下博さんを信じていいのか』

 

とネガティブな声が複数届いており、

本格的なスクール募集が目の前に迫った今

参加すべきかどうかで悩んでいる方も少なくないようです。

 

実際、2ch(2ちゃんねる)掲示板でも

カタログビジネスtheFINALに関する投稿が

そこそこ目立ちますし、多くの方が

興味を抱いているのは間違いありません。

 

 

そこで今回は、

カタログビジネス ザ・ファイナルの参加条件や募集内容

そして今回初めて明かされた新情報をお伝えし

本当に参加すべきかを暴露レビューしていこうと思います。

 

 

本格的な募集開始は2月8日の夜8時

 

それでは、カタログビジネス ザ・ファイナル

(カタログビジネスtheFINAL)の募集詳細を

暴露レビューしていきますが、本格的な募集開始は

今日から2日後の“2月8日夜8時”となっています。

 

無料動画公開から募集開始まで

たった2日しかないということで、

参加すべきか悩んでいる方も多いかと思います。

 

ただ、本格的に募集が始まるのは20時からで

多くの方が活動している時間帯ですし

まだ丸々2日は参加を検討する余裕があるので

そこまで深刻に考える必要はありませんね。

 

カタログビジネス

 

しかしながら、

カタログビジネス ザ・ファイナルでは

森下博さんがカタログビジネスのノウハウや

組織化の方法を直々に指導するとのことで、

 

ネットビジネスの世界で成功を掴み取る

願ってもない絶好のチャンスと言って良いでしょう。

 

 

実際、森下博さんの教え子の中には

2ヶ月で月収30万円の収入を得ている方や

組織化して月収260万円を稼いでいる方もいるので、

巷の怪しいネットビジネスよりも

短期間で結果が出やすいのは確かです。

 

 

ただ、注意しなければならないのは

カタログビジネスtheFINALに参加するからには

「絶対に稼いでやる」という強い意志が必要です。

 

森下博さんは参加者が50万円稼げるまで

永遠にサポートするとも言っていますが、

指導する側がどれだけ親身になっても

実践する本人が適当な気持ちでは元も子もないですからね…。

 

 

巷のネットビジネス講師の中に

参加者が稼げるまでサポートするなどと

断言する方はほとんど見たことがないので、

森下博さんがカタログビジネス ザ・ファイナルに

相当な覚悟で望んでいることが分かります。

 

 

ですので、どうせ参加するなら

森下博さんのように組織化をして

 

“一切作業せずに月収500万円稼ぐ”

 

くらいの気持ちで取り組むことが大切だと思います。

 

 

森下博による先行者特典とは

 

先ほど述べたように、

本格的に募集が開始されるのは

2月8日の夜8時からとなっていますが、

 

募集開始2時間から2時間以内に参加すると

 

“倍速テンプレート”

“通常の半額以下の料金で参加可能”

“全額返金保証制度”

 

という3つの先行者特典が受けられます。

 

 

『早く決断すれば、それだけ成功しやすい』

 

この言葉はネットビジネスだけでなく

全てにおいて共通して言えることですが、

 

今挙げた3つの特典を受け取ることで

他の実践者よりも割安で参加できて

その分結果を出しやすいと考えると、

これらの特典を受け取る価値は大いにあると思います。

 

 

それぞれの特典について簡単に説明しておくと、

1つ目に掲げた倍速テンプレートは

カタログビジネスの作業効率をアップでき

通常の2倍の報酬を受け取ることが可能なようです。

 

カタログビジネス

 

倍速テンプレートは開発して間もなく

まだ実際に使用していないようですが、

ただでさえ簡単なカタログビジネスのノウハウを

より一層シンプルにすることができるなら、

 

1件のレビュー作成するのに

1分も必要ないということになりますし、

レビューを量産して報酬アップに繋がるなら

受け取っておく価値があると思います。

 

 

2つ目の参加費用の減額については

具体的な価格が提示されていない以上

現時点では何とも判断できませんが、

教え子から徴収していたコンサル代の半額で参加できるなら

かなりお得ですし、むしろ参加しないと勿体ないと思いますね。

 

カタログビジネス

 

3つ目の全額返金保証制度は

 

“森下博さんの言う通りにカタログビジネスを実践し

 半年間全く稼げなかったら参加費用を全額返金する”

 

というものです。

 

カタログビジネス

 

カタログビジネスが巷のビジネスモデルの中でも

特に稼ぎやすのはこれまでの動画で明らかですが、

もしも稼げなかった場合の保証があるので

不安を感じずに作業に集中できそうです。

 

森下博さんの言う通り

1件のレビューで1万円を稼げれば良いですし

万が一稼げなかった場合は必ず返金してもらえるので

金銭的なリスクはほぼほぼゼロに等しいですね。

 

 

募集終了日時は未定だが、本当に参加すべきか

 

今までの暴露レビューを通じて

カタログビジネス ザ・ファイナルや森下博さんについて

あらかた把握はできていると思いますが

 

私自身、森下博さんの発言には

怪しいと感じる点はほとんどなく

むしろ、巷のネットビジネス講師よりも

誠実な人物ではないかとさえ感じます。

 

 

まぁ、これまで抱えていた教え子と違い

半額以下の料金で参加できるのは有り難いですが

初めに参加費用を負担しなければならないので

金銭的な面で参加を悩んでいる方も少なくないと思います。

 

ですが、募集開始2時間以内に申し込んんで

先行者特典を受け取っておきさえすれば

万が一稼げなかった場合は返金申請すれば済む話です。

 

もっとも、先行者特典を受け取れるのは

募集開始から2時間以内に限定されているので

少しでも早く参加するに越したことはないんですがね…。

 

カタログビジネス

 

カタログビジネスtheFINALへの参加を希望する方の中には

 

『募集が終了するギリギリまでじっくり検討したい』

 

と思うがいるかも知れませんが、

3点の先行者特典が付与されなければ

早くに参加した方と大きな差がついてしまいます。

 

先行者特典を受け取っていれば、万が一稼げなかった時に

全額返金してもらえるという安心感が生まれますし

集中してカタログビジネスに取り組みたい方は

できるだけ早い時間に参加を決断すべきです。

 

 

2ch(2ちゃんねる)掲示板では

 

『森下博を信用した自分が馬鹿だった』

 

『カタログビジネス ザ・ファイナルも

 やっぱり高額オファーだったか』

 

と落胆している方がいるかも知れませんが、

カタログビジネスが巷のビジネスモデルよりも

稼ぎやすいことは事実ですし、あのYahooが

全面的に関わっているオファーともなると

そう滅多に公開されるものではありません。

 

 

まぁ、スクールが開校してもいないうちから

2ch(2ちゃんねる)掲示板の投稿を真に受けて

森下博さんを批判するのもどうかと思いますが、

 

ビジネスモデルの詳細が明らかになっていて

募集内容もあらかた暴露されている以上

巷で公開されている怪しい高額オファーとは違い

それなりに真っ当なオファーだと思って良いでしょうね。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

カタログビジネス ザ・ファイナル

最近のコメント

    為替変動リスク