高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

森下博がカタログビジネスの疑問に直接回答

森下博のカタログビジネスの概要

 

カタログビジネス

タイトル:カタログビジネス

運営責任者:森下博、長岡孝汰

販売会社:合同会社アレグロ

 

カタログビジネス

 

カタログビジネス異例の号外動画が公開されました

 

当調査ブログで今注目している

カタログビジネス(合同会社アレグロ)に

かなりアクセスが集中しているようで、

2ch(2ちゃんねる)掲示板でも口コミが増え始めています。

 

これまで公開された無料動画では

カタログビジネスで稼ぐための大まかな流れや

Yahooのカタログが公開され、

さらには月収500万円の収入を可能にする

 

“組織化”

 

という新たな仕組みも暴露されたため

視聴者の中には少々混乱している方がいるようです。

 

まぁ、次から次に詳細が暴露され

ビジネスモデルの特徴を整理できないと感じるのも

当然と言えば当然でしょう。

 

 

つい先ほど公開された号外動画では、

森下博さんが視聴者から寄せられた質問に答えるという

Q&Aがメインとなっています。

 

今回の号外動画を視聴することで、

これまで疑問に感じていたことを

ある程度は解決することができると思います。

 

 

それでは、早速号外動画を検証し

詳細を暴露レビューしていこうと思います。

 

 

カタログビジネスは本当に飽和しないのか

 

視聴者からの質問で最も多かったのが

 

『カタログビジネスは飽和の心配がないのか』

 

です。

 

この質問に関して森下博さんは

 

『飽和することは一切ない』

 

と断言しています。

 

 

事実、ネットで商品を購入する際

消費者が最も重視するのは口コミやレビューですし、

現在の通販業界の市場規模は約14兆円とのことで

今後も飽和することがないというのです。

 

カタログビジネス

 

まぁ、それだけの市場規模が大きいなら

これから新たにカタログビジネスに参入して

全く稼げなくなるとは考えにくいですね。

 

確かに、ネット通販のページを見ても

口コミやレビューが充実していれば

消費者も商品の良し悪しを判断しやすいですし、

世界中の企業で需要が高まっていることを考えると

今すぐに飽和するなどまず有り得ないと思って良いでしょう。

 

 

しかも、Yahooが提供するカタログには

1億種類以上の商品がラインナップされており

常に新しい商品が追加されるので、

それだけレビューを書いても全て書くことは不可能に近いです。

 

普通に考えても分かる通り、

仮に毎日20件のレビューを書いたとしても

1ヶ月で約600件、そして1年間に換算すると

約7,200件書いたことになります。

 

1年間で7,200件のレビューを書けば

かなり膨大な額を稼ぐことが可能ですが、

1億種類の中から7,200件と考えると微々たる数字なので

極端な話をすると、一生かかっても

全ての商品をレビューしきれないことになります。

 

それだけ多くの商品が

Yahooのカタログに掲載されているとなると

どれだけ多くの方が一斉にレビューを書き始めても

飽和する可能性は限りなくゼロに近いですね。

 

 

本当に初月から稼ぐことは可能か

 

次に多かった質問は

 

『本当に初月から稼ぐことができるか』

 

です。

 

これについては、1話目と2話目をご覧頂ければ

ある程度ご理解頂けるかと思いますが

無料動画の中でンタビュアーの野呂田直樹さんが

カタログビジネスで実際に1万円を稼げているので、

 

森下博さんのビジネスを全く知らない方でも

初月から稼げるのは間違いないと思って良いでしょうね。

 

 

カタログビジネスでやることは

商品のレビューを書くだけというシンプルなものですが、

視聴者の中には

 

『動画でやってることは全部嘘だろ』

『結局、カタログビジネスなんて詐欺だから』

 

と勘繰っている方が少なくないと思います。

 

確かに、この手の無料オファーでは

誰でもできるとアピールしているにも関わらず

フタを開けてみると高度なスキルが要求されたり

膨大な時間を要してしまう場合が多々あります。

 

ですが、カタログビジネスでは

ただ商品を選んでレビューするだけなので

難しいことは何も要求されていませんし、

思ったことをそのまま書くだけで良いので

高度なスキルは一切不要だと言えます。

 

カタログビジネス

 

なお、カタログビジネスで使用するYahooのカタログは

参加者全員が同じものを使うわけではなく

それぞれ専用のカタログが配布されるようです。

 

一番初めにカタログを準備するときだけ

簡単な作業が必要になるとのことですが、

この件は号外動画で初めて明かされたことなので

詳しいことは次回の3話目で暴露される可能性が高いと思います。

 

カタログビジネス

 

ちなみに、森下博さんの教え子の中には

初月から50万円を稼ぎ出した方も数名いるようです。

 

おそらく、次の3話目の無料動画で

森下博さんの教え子が動画に登場するはずなので

教え子が本当に稼げているのかも

合わせてチェックしておいた方が良さそうです。

 

 

レビューを一度書いたら継続して報酬が発生する?

 

カタログビジネスでは原則的に

1つの商品につきレビューは1件となっていますが、

複数の商品をレビューする分には

特に制限は設けていないようです。

 

つまり、1日で10万円以上稼ごうと思った場合は

単純に10個の商品を選んでレビューすれば良いのです。

 

 

また、投稿したレビューが分かりやすく

ご自身の書いたレビューで商品が売れた場合は

レビューを高く評価されたことになり、

1万円の報酬を受け取った後も

継続して報酬が発生する場合があるとのことです。

 

この辺りに関しては、

号外動画で詳しい説明があったわけではないので

ひとまず今回のところは

 

『質の良いレビューを書くことができれば

 継続して報酬が発生しやすい』

 

という認識で問題ないかと思います。

 

カタログビジネス

 

ですが、レビューを作成する上で

注意しなければならないこともあります。

 

それは、事実と異なるレビューをしないこと

つまり商品の特徴を無視した場合ということですね。

 

これも普通に考えれば分かる通り、

消費者が商品の良し悪しを判断するために

レビューを投稿するわけですから、

事実と異なるレビューをしたところで

報酬に繋がるはずがりませんよね。

 

 

号外動画では、今回取り上げた質問とは別にもう

3~4つ別の質問についても回答していますが

今日はその中でも特に多かったものをメインに検証してきました。

 

全ての質問と答えが気になる方は

実際に号外動画を視聴して頂ければと思いますが、

森下博さんの返答にはほとんど怪しい点は見られなかったので

彼が偽った回答をしているとは思えませんね。

 

 

巷の無料オファーの場合、

本編動画だけがサクサク進み

疑問を一切解決できないまま

高額オファーへの参加を促されますが、

 

こういった質疑応答を設けるだけでも

視聴者の疑問を一気に解決することができます。

 

こういった細かい気配りからも

森下博さんの真摯な姿勢が感じられますし、

カタログビジネスは巷のインチキオファーとは異なり

至って健全なビジネスモデルだと思って良いでしょうね。

 

 

次回はいよいよ3話目が公開されますが、

これまで公開されてきた無料動画を再度見返して

内容をしっかり理解しておいた方が良いと思います。

 

 

2ch(2ちゃんねる)掲示板でも

口コミが徐々に増え始めてきたことに伴い

注目度合いも高まりつつあるので、個人的には

久しぶりに健全なオファーが公開されたなという印象です。

 

 

どちらにしても、

3話目の無料動画の公開を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

カタログビジネス

最近のコメント

    為替変動リスク