高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

トレイダーズ証券出身 古橋弘光“『みんなでFX』 -Rising Sun-”ピンバートレードの優位性をレビュー

トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-の概要

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

タイトル:トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-

運営責任者:古橋弘光

販売会社:株式会社 Trader’s Market

 

古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-

 

あと残り数日で古橋弘光による無料セミナーが開催

 

今月の12日を皮切りに

古橋弘光さん主催の無料セミナーが遂に開催されます。

 

既に申し込みを済ませた方の中には

無料セミナー開催を待ち望んでいる方も少なくないでしょう。

 

 

先日の暴露レビューでは

トレイダーズ証券 古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-が

インフォトップで3冠を達成したとの話題を取り上げましたが、

 

『みんなでFX』の販売開始直後から

3冠という偉業を達成するなど思ってもみなかったので、

古橋弘光さんの誠実な姿勢に心を打たれ

参加を決意した方も多いのではないかと思います。

 

 

そんな古橋弘光さんの『みんなでFX』では

3冠達成を記念して新たなVIP特典が追加されていますが、

当調査ブログでは新たな特典ノウハウである

 

『機関投資家が意識するピンバートレード』

 

のマニュアルに目を通し検証しましたので、

 

まだ購入しようかどうか悩んでいる方のために

最新ノウハウの詳細を暴露レビューしようと思います。

 

 

ピンバーはレジサポラインの役割を担う

 

ローソク足から伸びたヒゲ(ピンバー)については

前回の暴露レビューで簡単に解説しましたが、

今回はマニュアルに沿ってより深く検証していきます。

 

前回の説明でピンバーがどんな形なのか

初心者の方もある程度想像がついたかと思いますが、

古橋弘光さんがピンバーを丸で囲っているシーンがありますので

まずはそちらをご覧ください。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

上記のキャプチャをご覧頂くとお分かりの通り

チャート上に複数のピンバーが確認できますが、

私が前回説明したようにピンバーの出現直後には

高い確率で反転が起こっています。

 

つまり、販売ページで古橋弘光さんが明言している

 

『機関投資家がピンバーをストップラインを入れる箇所』

 

という意味と全く同じであることが分かります。

 

 

ちなみに、ピンバーに着目するだけで

相場に参加しているトレーダーの心理状態を

視覚的に見極めることができ、次にどんなアクションを起こすのか

事前に判断できるということなので

 

極端な話をすれば、インジケーターを一切使用せずとも

ローソク足から伸びているヒゲが長ければ長いほど

大量の買い(売り)注文が入っていることになり、

相場の反転を察知することが可能になるということです。

 

実際問題、世界中のプロトレーダーの多くが

裁量判断のみで相場を分析しているので

ピンバーを反転ポイントの目安に設定することぐらい

容易に察しがつきますよね。

 

 

また、一定範囲の価格帯に複数のピンバーが出現した際は

水平線を引くことでレジサポラインの役割を担うので、

相場の反転をより見極めやすくなるというメリットがあります。

 

 

相場の反転を利用する、つまりピンバートレードは

逆張りの際に最も力を発揮するプライスアクショントレードと言えます。

 

 

Rising Sunとピンバートレードは本当にマッチするのか

 

ピンバーが逆張りで力を発揮するというところまで

ご理解頂けているかと思いますが、それでは

古橋弘光さんの開発したRising Sunと同時に使うことで

どのようなメリットが考えられるでしょうか。

 

先ほど、水平線を引いてレジサポラインの役割を担うと言いましたが

それに加えてF-LINEと水平線が重なった箇所であれば

反転の精度がより高くなるということが分かっています。

 

これについてはマニュアルをご覧頂くと分かりますが、

確かにF-LINEと水平線が重なっている箇所がありますし

その直後相場が急に反転しています。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

つまり何が言いたいのかというと、

ピンバーだけを見るよりもRising Sunと組み合わせる方が

より明確に反転を見極めることが可能となるので、

 

“Rising Sunとピンバートレードがマッチしないはずがない”

 

ということです。

 

ピンバートレードがVIP特典として新たに追加されたことで

後付け的な印象を受ける方がいるかも知れませんが、

古橋弘光さんがピンバーとの相性の良さを想定して

Rising Sunを開発していたとすれば、単純に凄いことです。

 

いずれにしても、プライスアクションの一つである

ピンバートレードとRising Sunを組み合わせて活用すれば

実践を繰り返すたびに自然と裁量スキルが身に付きますし

1回のトレードで大きく利益を伸ばせるのであれば

この機会に学んでおく方が明らかにお得だということです

 

 

とはいえ、マニュアルを購入したばかりの初心者は

いきなりピンバートレードから着手するのではなく、

まずは基本となる4パターンのロジックを正確に理解し

実践である程度使いこなせるようになってからの方が

ピンバートレードをより深く理解できると思うので、

 

決して焦ることなく基本からマスターしていくことが大事です。

 

 

また、ピンバートレード以外の特典に関しては

以前の暴露レビューを掲載しておきますので

購入判断の際にご覧頂ければと思います。

 

Rising Sun Tradeノウハウ 検証レビューはこちら

機関投資家が意識するラウンドナンバーはこちら

 

 

セミナーの残り枠は果たしてどのくらいか

 

ネット上で依然として大きな反響を呼んでいる

古橋弘光さんの無料セミナーですが、

今日の時点で700名以上の参加者が出ているそうで

想像以上に参加者を募っていることが伺えます。

 

そうなると、セミナーの残り枠が一体いくらなのか

気になっている方も少なくないと思います。

 

 

現在、11月12日と19日の会場が募集締め切りとなっており

他の会場の参加枠はまだ残っているようですが

これだけの数の参加者が出ていることを考えると

残りの会場もいつ募集が終了してしまってもおかしくありません。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

また、セミナースケジュールについては

当初の5会場に加えて、新たに2会場が追加されていますが

最悪の場合、今日か明日にでも全ての会場で

セミナー参加枠が消滅していまう可能性も大いにあります。

 

 

つまり、なるべく早く決断できた方こそ

古橋弘光さんの無料セミナーに参加できることになるので、

本物のプロトレーダーが実践している手法に加えて

トレードに対する考え方を徹底的に学びたい方は

今日か明日までには申し込んでおくべきです。

 

 

また、申し込む前に一度古橋弘光さんと直接話して

セミナーの残り枠を聞くのも一つの方法です。

 

私が電話をかけたのは少し前の話だったので

何も答えてくれませんでしたが、ご自身の希望する会場を告げれば

もしかしたら参加可能な人数を知れるかも知れません。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

まぁ、当調査ブログでは

古橋弘光さんの無料セミナーについて

何度も告知させて頂いておりますが、

 

一流のプロトレーダーが参加者を無料で招待するとなると

これまで検証してきたFX商材の中でもほとんど前例がないので

ある意味画期的なセミナーだと言えるでしょう。

 

 

それに、セミナーの会場に足を運ぶことで

古橋弘光さんによる生の講義を受けられるだけでなく

同じ目標を持った他の参加者と交流を深めることもできるので

トレードに対するモチベーションアップにも繋がります。

 

正直、ここまで参加者に有利なオファーというのは

1年のうちにそう何度も公開されるものではないので

この機会に確実に参加して徹底したトレード環境の中で

常勝トレーダーとなる基礎を築いて頂ければと思います。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-

最近のコメント

    為替変動リスク