高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

【暴露レビュー】“トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-” マニュアル検証

トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-の概要

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

タイトル:トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-

運営責任者:古橋弘光

販売会社:株式会社 Trader’s Market

 

古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-

 

トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-のマニュアルを暴露

 

現在販売されてるFX商材の中でも

頭一つとびぬけて期待値の高い

トレイダーズ証券 古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-ですが

購入者の中には早くも実践に乗り出している方もいるようです。

 

当調査ブログ宛てにも、販売直後から

毎日のように購入相談やご質問が寄せられており

私個人としても非常に期待が高まっています。

 

 

ここ最近のFX商材の中ではトップクラスの期待値を誇り

ネット上でもかなり評判が良いということもあり、

私も早速購入して中身を確認しました。

 

当調査ブログのお問い合わせの中には

 

『マニュアルを詳しくレビューして欲しい』

 

との声が多く寄せられていますが、

やはりご自身の目で隅々まで確認する方が

理解が深まると思いますので、

今回は敢えて一部だけ暴露させて頂きますね。

 

 

それでは、マニュアルの検証・暴露レビューを進めていきます。

 

 

会員サイトメニューをご紹介

 

先にお伝えしておきますが、

トレイダーズ証券 古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-は

動画マニュアルがメインとなっているので、

ご自身のペースで学習できる点は好印象です。

 

 

初めから脅かすわけではありませんが、

動画マニュアルだけで約4時間半も収録されているので

学習するからにはそれなりに気を引き締めておいてください。笑

 

と言っても、各コンテンツの動画マニュアル自体は

たった10分程度なので、計画的に学習しさえすれば

短期間で古橋弘光さんの手法をマスターできます。

 

ですので、マニュアルの量は多くても

解説自体は非常に丁寧で理解しやすいので

実践で結果を出すまでにそう時間はかからないと思って良いですね。

 

 

それでは、会員サイトメニューを簡単にお伝えすると

 

『はじめに』

『FX初心者入門ガイド』

『FXで勝つために(少数派の勝ち組になる為の概念)』

『機関投資家専用インディケーターRising Sun インストール&使い方』

『機関投資家専用インディケーター Rising Sun トレード編』

『問い合わせフォーム』

 

大きく分けて上記のコンテンツで構成されています。

 

中でも、『FX初心者入門ガイド』と『FXで勝つために』は

初心者であれば絶対に覚えておく必要があるので、

ここから目を通した方が後の解説もスムーズに理解できます。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

中には中級者や上級者の方もいると思うので、

そういった方は『Rising Sun インストール&使い方』から

進めていき、空いた時間に基礎コンテンツを

確認するという流れで十分かと思います。

 

 

販売ページで記載のあったインジケーターですが、

マニュアルの中で

 

“F-LINE・F-ZONE”

 

というインジケーターの解説がありますが

これは4つのラインとゾーンを総称して

「Rising Sun」という意味なので、

 

トレード編の動画解説を視聴するまでに

F-LINEとF-ZONEの役割を正確に理解しておいてください。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

それと「Rising Sunの使用方法」についてですが

トレイダーズ証券 古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-では

インジケーターの数値を若干変更して使用します。

 

まぁ、デフォルトの数値で全く機能しないとは思いませんが

古橋弘光さんは普段使用している数値に変更することで

機関投資家が大量にオーダーを入れるポイントを

より正確に把握することが可能になります。

 

ですので、この箇所は古橋弘光さんの解説に沿って

正確な数値を入力した上で使用することをおすすめします。

 

 

基本ロジック、トレードルールは計4種類

 

では、基本となるロジックとトレードルールを見ていきます。

 

古橋弘光さんが実践しているロジックは

 

『ゾーン逆張り買いエントリー』

『ゾーン逆張り売りエントリー』

『ゾーン・ブレイクアウト買いエントリー』

『ゾーン・ブレイクアウト売りエントリー』

 

以上の4種類がベースとなっています。

 

 

ゾーン逆張り買い(売り)エントリーとは、

 

“相場が下がって(上がって)、あるラインに到達したら

 反発して値上がり(値下がり)することを予想して

 買い(売り)でエントリー”

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

 

そして、ゾーン・ブレイクアウト買い(売り)エントリーは

 

“相場が上がって(上がって)、あるラインに到達した時に

 そのラインを超えると勢いよく上昇(下降)するケースが多く、

 その値上がり(値下がり)を予想して買い(売り)でエントリーする”

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

 

というものです。

 

古橋弘光さんのロジックは至ってシンプルですが、

4種類を別々に説明すると若干複雑に見えると思い

上記のような記載方法にさせていただきました。

 

もっと分かりやすく説明すると、

古橋弘光さんの手法は逆張りがメインとなっており、

相場状況に応じて順張りでのエントリーを仕掛けていくというわけです。

 

 

基本はあくまでもセンターラインでエントリーを判断して

先ほど説明したF-LINEやF-ZONEの動きを見ながら

利確・損切りラインを判断していくので

手法そのものは極めてシンプルなものとなっています。

 

 

ちなみに、ゾーン逆張り買い(売り)エントリーの場合は

 

『利確幅=20pips、損切り幅=10pips』

 

に設定し、ブレイクアウト(順張り)の場合は

 

『利確幅=30pips、損切幅=20pips』

 

に設定するのが基本となっています。

 

これにより、相場が予想と反対方向に動いたとしても

予め損失を限定することができるので

決められたルールに沿って実践しさえすれば

初心者でも高確率損小利大のトレードが再現できます。

 

 

もちろん、順張りでエントリーする際は

ダマシを回避する必要がありますが、

 

“センターラインに陽線と陰線が表示されたのを確認して

 エントリーすれば勝率の大幅アップに期待できる”

 

と明確な根拠があるので、古橋弘光さんのロジックが

どれだけ計算し尽されているのか

十分理解していただけるのではないかと思います。

 

 

なお、今回検証・暴露した手法以外にも

平均足やEMAを使用するトレードパターンも存在しますが、

こちらに関してはご自身で実際に確認した方が

より一層理解が深まると思います。

 

 

まぁ、これだけシンプルな手法なので

初心者でも短期間で覚えられることは間違いありませんし、

古橋弘光さんや彼の教え子もこの手法を用いて

現在も勝ち続けているわけですから、

どんな方でも十分結果を出すことができますね。

 

個人的には優位性の高さはもちろん、

再現性の面でも申し分ない手法だと感じました。

 

 

Rising Sun Trade(ライジングサントレード)とは

 

Rising Sun Trade(ライジングサントレード)といえば、

前回の暴露レビューでVIP特典を検証した際に

大まかな内容はお伝えしたので、当調査ブログの読者様なら

ある程度のことはご存じかと思います。

 

このRising Sun Trade(ライジングサントレード)では

毎朝6時にF-ZONEが更新される仕様になっており、

 

“15分足+F-ZONE+4時間平均足”

 

を併用し、15分足チャートとゾーンが赤の場合は買いエントリーを、

反対に青の場合は売りでエントリーを仕掛けていきます。

 

その際、利確は+50pipsで損切りは-60pipsに設定して

OCO注文を入れるだけで良いとのことです。

 

古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-

 

そもそも、東京市場は前日のニューヨーク市場の動きに

追随するという癖があるので、

その流れを利用してトレードを行っていくという

極めてシンプルなロジックです。

 

買いもしくは売りを判断する際は

F-ZONEの色に着目するだけで良いので、

FXの知識がない初心者でも一目で判断できるというわけです。

 

販売ページでは1~3分でエントリー可能と謳っていましたが、

F-ZONEの色で買いか売りを判断できるのなら

毎朝ほんの僅かな時間でもトレードできますよね。

 

 

あくまでも個人的な意見ですが、

Rising Sun Trade(ライジングサントレード)の方が

基本ロジックよりもシンプルで簡単にトレードできるので、

前者の方が効率良くトレードできると感じました。

 

とは言ったものの、まずは基本をしっかりを押さえておく必要があるので

ある程度トレード経験を積むまでは

基本ロジックをベースに実践してスキルを向上させて

Rising Sun Tradeに移行する方がベターだと思います。

 

 

今回はマニュアルの検証・暴露をメインにしましたが、

応用編のロジックに関しては後日改めて

レビューさせていただこうかと考えています。

 

マニュアルに一通り目を通した限り

一つ一つの手法ロジックやエントリーパターンは

シンプルでありながらも極めて合理的なので、

FX初心者でも計画的に学習すれば

比較的早い段階でリアルトレードに移行できますね。

 

 

最近は証券会社やファンドマネーやーなど

揺るぎない実績をひけらかすインチキ講師が多いので、

『みんなでFX』が公開された直後は

どれだけの再現性があるか正直未知数でしたが、

 

こうしてマニュアルを見てみると

古橋弘光さんの考えは全て理に適っておリ、

とても分かりやすく説明しているので

初心者・上級者を問わずどんなトレーダーでも

短期間で安定運用が可能になると言っても大袈裟ではありません。

 

 

今回のマニュアル暴露レビューの結果、

トレイダーズ証券 古橋プロデュース 『みんなでFX』 -Rising Sun-が

現在出回っているFX商材の中でも

トップクラスの期待値を秘めているのは間違いありませんね。

 

 

1日でも早く勝ち組トレーダーに昇格したい方は

この機会に参加しておいて損はないでしょうね。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

古橋プロデュース『みんなでFX』-Rising Sun-

最近のコメント

    為替変動リスク