高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

【JTソリューションズ株式会社】藤村大輔のiPhone修理ビジネスには参加すべきか

藤村大輔のiPhone(アイフォン)修理ビジネスの概要

 

iPhone修理ビジネス(アイフォン修理ビジネス)

タイトル:iPhone(アイフォン)修理ビジネス

運営責任者:藤村大輔

販売会社:JTソリューションズ株式会社

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネス

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネスは信用できるのか

 

藤村大輔さんが講師を務める無料オファー

「iPhone(アイフォン)修理ビジネス」を

今回も引き続き取り上げていきますが、

今回のオファーは完全なリアルビジネスということで

 

これから新たにビジネスを始めようと思っている方や

過去にネットビジネスで失敗した経験のある方が

こぞって参加への意欲を高めている状況です。

 

 

ただ、リアルビジネスだからといって

無料オファーを公開してノウハウを暴露しているので、

最終的に高額商材や高額オファーが

用意されているかも知れないという考えを

頭の片隅にでも置いておくことをおすすめします。

 

もっとも、巷で公開される無料オファーの大半で

高額商材や高額オファーが用意されているというのは

こういったオファーを検証する立場として

情報商材業界と関わってきた私の経験上での話です。

 

 

つまり、iPhone(アイフォン)修理ビジネスに

その理屈が適用するとは断定していないので

今のうちから否定的なイメージを先行させるのは

それはそれで好ましくないということです。

 

 

そんな話はさておき、

早速1話目の無料動画を入手しましたので

本日は動画の内容を検証した上で

詳細をいち早く暴露レビューしたいと思います。

 

 

iPhone(アイフォン)ビジネスは修理だけでは終わらない

 

先日公開された1話目の無料動画から

iPhone(アイフォン)修理ビジネスの詳細に迫る

極めて重要な情報がいくつも公開されていますが、

その中でも一際興味を抱いたのは

 

『iPhone(アイフォン)ビジネスは修理だけでは終わらない』

 

という藤村大輔氏の発言です。

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネスを初めて知った方は

一体何のことなのか想像も付かないかと思いますが、

このビジネスモデルで多くの金額を稼ぐためには

 

“iPhone(アイフォン)トリプルアクセル”

 

という、3種類の収益発生の仕組みが不可欠ということです。

 

まず一つ目は前回の暴露レビューでお伝えした

割れたiPhone(アイフォン)の画面を修理する、

つまり新しい画面に交換することです。

 

この画面修理だけでも月収100万円が可能ですが

それに加えてあと2つ、大きな仕組みが存在します。

 

その2つとは「付属品販売」、そして「「バッテリー交換」です。

 

 

付属品販売とはその名の通り、

iPhone(アイフォン)の画面を保護するための

フィルムや専用のカバーケースを販売して

収益に繋げるというものです。

 

付属品販売で得られる収益は約4~50万円ということで、

3つの中では最も楽に売り上げを上げられる手段ですね。

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネス

 

そして、もう一つの「バッテリー交換」ですが

正規のアップルストアに持ち込んで交換依頼を出しても

最短で4~5日はかかってしまいます。

 

修理期間は代替機の貸し出しを行ってくれますが、

中には普段使いのiPhone(アイフォン)でないと

安心して使えないという方が少なくありません。

 

しかも、無料保証期間である1年を過ぎてから

交換依頼をすると8,000円近い料金を請求されてしまいます。

 

 

このように、正規のアップルストアでは

使用期間が長ければバッテリー交換だけでも

そこそこ高額になるのは間違いありません。

 

ということは、iPhone(アイフォン)修理ビジネスで請け負う

バッテリー交換の費用がアップルストアより安ければ

個人でiPhone(アイフォン)ビジネスをされている方に

直接依頼する方が、費用も時間も削減できるので

効率が良いということになります。

 

現時点で、iPhone(アイフォン)修理ビジネスでの

バッテリー交換にかかる費用は不明ですが

このサービスだけでも月2~30万円の収益が見込めるそうです。

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネス

 

つまり、iPhone(アイフォン)トリプルアクセルの中では

バッテリー交換が最も収益に繋がりにくいと言えますが

かと言って全く需要がないわけでもないので、

顧客満足度を高める上で必要なサービスと言って良いですね。

 

 

本業で生計を立てている方は1日に80台も修理を行う

 

1話目の無料動画の中で藤村大輔さんは

iPhone(アイフォン)修理の前に依頼者に書いてもらう

「受付書」を証拠として提示しています。

 

この受付書というのは、iPhone(アイフォン)に限らず

どのスマートフォンを修理に出す際でも

必ず記入しなければいけないので、

 

依頼者による直筆の受付書があるということは

それなりに真っ当な手順を踏んで

修理を請け負っていると考えるのが妥当です。

 

 

実際、修理業者が発行している修理依頼書は

ネット上で検索すればいくつか引っ掛かるので

藤村大輔さんのiPhone(アイフォン)修理ビジネスは

詐欺オファーでない可能性が高いと言えます。

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネス

 

その上で、提示された受付書は全部で80枚あり

iPhone(アイフォン)修理ビジネスを本業で行い

生計を立てている方から借りてきたもので、

たった1日で80台を修理していることが分かりました。

 

80枚の受付書を見る限り、本業で生計を立てている方は

1人で80台のアイフォンを毎日修理していると

勘違いされる方が中には居るかも知れませんね。

 

ですが、実際のところは4名のスタッフを雇用して

計5人体制で均等に割り振って修理しているということで、

1人につき16台を修理すれば良いとのことです。

 

16台であれば、1台に20分かかったとしても

5時間20分ほどで完了する量なので、

受付書の提示に協力してくれた方たちの

1日の勤務時間は約5~6時間ということでしょうか。

 

 

普段から本業が忙しい方にとって

5~6時間勤務して本業よりも稼げるなら、

今すぐにでも会社を辞めてiPhone修理ビジネスを

本業にしようと考える方がいるかも知れませんが、

その考えはどう見ても安直すぎますね。

 

第一、iPhone(アイフォン)修理ビジネスを本業にして

100%稼ぐことが可能であれば、既に大勢の方が

職場を退職しiPhoneビジネスに移行しているはずです。

 

ですが、そういった話はほとんど聞いたことがないので

この件は参考材料の一つと考えるべきであり、

藤村大輔さんの発言を鵜呑みにするのはどうかと思います。

 

 

藤村大輔がiPhone修理の専門店を経営しているのは事実なのか

 

1話目の無料動画の中で藤村大輔さんは

 

『中国と栃木県でiPhone修理の専門店を経営している』

 

と明言していますが、この話は果たして事実なのでしょうか。

 

 

確かに国内だけでなく海外に支店を構えることで、

顧客のターゲットを全世界に向けることができ

更なる収益増大に繋がると言えますが、

現時点では中国や栃木県に出店していることを

証明できる情報がほぼ開示されていません。

 

もし本当にiPhone修理のお店を出しているのであれば、

店舗内の様子を動画内で公開しているはずです。

 

 

まぁ、店舗に関して目に見える情報が開示されなかっただけで

藤村大輔さんの発言を100%疑うのは少々気が早いですが、

動画内で自信ありげに発言しているからには

次回以降の無料動画で詳細が公開されるかも知れませんね。

 

この件は次回以降の動画に期待するしかなさそうです。

 

 

また、藤村大輔さんは参加者を集めた実演セミナーを

定期的に開催しているとも明言しており、

セミナーの様子は動画内で公開されているので

それなりに信ぴょう性が高い印象を受けます。

 

第一、藤村大輔さんが経歴や実績を偽っているとすれば

参加者と対面する機会を設けるはずがありません。

 

そう考えると、先ほど取り上げた

アイフォン修理の専門店と比較すると

実演セミナーの方がまだ説得力がありますね。

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネス

 

それに加えて、来月の10月15日には

東京と名古屋での実演セミナー開催を予定しているそうで、

1話目の無料動画の最後で告知しています。

 

実演セミナーが開催されている可能性が高いだけに

参加してみる価値は大いにあると思いますが、

セミナーの開催日は今日から数えて約2週間先の話です。

 

つまり、セミナー開催までの期間もオファーは進行し

ビジネスモデルの詳細が徐々に明らかになる過程で

参加するか否かを判断する上で必要な情報が

ほとんど出揃ってしまう可能性は十分考えられます。

 

 

これはあくまでも個人的な仮説ですが、

藤村大輔さんのiPhone(アイフォン)修理ビジネスに

万が一高額商材や高額オファーが用意されているとして、

 

“実際に実演セミナーへ参加できるのは

 バックエンドに申し込んだ方だけに

 限定される可能性は完全に否定できない”

 

ということです。

 

ただ単に私の考えすぎかも知れませんが

オファーの全貌が全て暴露される前に

実演セミナーが開催されるのであれば

 

ご自身でアイフォン修理ビジネスを体感し

参加するか否かを判断できるので

それだけでも参加する価値がありますよね。

 

加えて、iPhone(アイフォン)修理ビジネスに参加して

月収150~200万円をリアルに稼げるのであれば

巷の詐欺紛いの無料オファーに参加せずとも、

長期間に渡って安定した収入を得続けることが可能です。

 

 

今回は私個人の見解をいくつか述べましたが、

現時点で提示されている情報だけでは

稼げるとも稼げないとも言い切れない状況なので

 

今回述べた個人的な意見については

あくまでも参考程度に留めるだけにし、

今のうちから全てを鵜呑みにすべきではありませんね。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

iPhone(アイフォン)修理ビジネス

最近のコメント

    為替変動リスク