高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

柴田光玲のらくがきマスター倶楽部(らくがきビジネス)の詳細を暴露レビュー

柴田光玲のらくがきマスター倶楽部の概要

 

らくがきマスター倶楽部

 

タイトル:らくがきマスター倶楽部

運営責任者:柴田光玲

販売会社:合同会社しばざえもん

 

らくがきマスター倶楽部

 

らくがきマスター倶楽部、4話目の無料動画を暴露レビュー

 

前回、3話目の無料動画において

柴田光玲さんのらくがきビジネスのメインオファーである

らくがきマスター倶楽部が遂に公開されました。

 

2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板では

らくがきビジネスが公開された当初から

高額オファーではないかと噂されていましたが、

これまではそう言い切る決定的な証拠がなかったため

何とも断言のしようがなかったことは言うまでもありません。

 

 

しかし、4話目の無料動画が公開されたため

らくがきマスター倶楽部の詳細について具体的な詳細を知る

絶好の機会がようやく巡ってきましたね。

 

私は既に4話目を視聴しておりますが、

今回は今までの無料動画内で全く触れられていなかった

新たな情報が次々に開示されているので、

オファーの核心に迫れる手掛かりを多数得られました。

 

 

そこで今回は、公開されたばかりの4話目の内容を検証し

詳細をいち早く暴露レビューしていこうと思います。

 

 

らくがきマスター倶楽部への参加条件と募集期間を暴露レビュー

 

前回の3話目の無料動画において

らくがきマスタークラブの開講が宣言されましたが、

合同会社しばざえもんの代表である柴田光玲さんが

 

『らくがきマスター倶楽部の参加条件』

 

を仄めかしていたことを覚えておいででしょうか。

 

3話目では、らくがきマスター倶楽部へ参加するには

全部で2つの条件があるということで、視聴者の中には

固唾を飲んで条件が発表されるのを待っていた方もいるでしょう。

 

 

しかし、実際に4話目の無料動画で暴露された

らくがきマスター倶楽部への参加条件というのは

 

①4話目の無料動画を必ず見ること

②らくがきマスター倶楽部への入会をすぐに決断すること

 

の2点でしたね。

 

まぁ、らくがきマスター倶楽部への参加条件が暴露されたことで

「期待させておいて、オチにもなってない」と感じたのは

決して私だけではないはずです…。苦笑

 

とはいえ、今挙げた2つの条件を別の角度からみると

らくがきマスター倶楽部で絶対成功するという気持ちさえあれば

誰でも簡単に入会することが可能であると解釈できますね。

 

 

ちなみに、らくがきマスター倶楽部の募集期間についても

今回の4話目の無料動画で暴露されており

 

“7月27日の20時~7月29日の23時59分まで”

 

の3日間となっています。

 

らくがきマスター倶楽部

 

この手のスクールでは、入会を希望している方が

どれだけ本気なのかを確かめたいなどと謳い

早朝から募集をするケースを度々目にしますが、

 

らくがきマスター倶楽部は募集開始時刻が20時に設定されているため

巷の怪しいスクールと比較しても何か一線を画しているように感じます。

 

20時であれば、ほとんどの方は起きている時間帯ですし

参加希望者からすればこのくらいの時間から

参加申し込みができるのは有り難いですね。

 

 

しかも、募集開始から早い段階で申し込んだ方には

柴田光玲さんからビッグなプレゼントがあるというのです。

 

以下よりプレゼントの詳細を暴露していきますね。

 

 

柴田光玲から贈られるプレゼントの正体は「格安で参加できる権利」

 

らくがきマスタークラブの募集期間が明言された後

合同会社しばざえもんを率いる柴田光玲さんが

 

『募集開始1時間以内に参加すれば、プレゼントを進呈する』

 

と明言していますが、そのプレゼントの正体とは

通常よりもはるかに格安な料金で

らくがきマスタークラブに参加できるというものです。

 

らくがきマスター倶楽部

 

まぁ、格安で参加できるとだけ言われれば聞こえは良いですが

個人的に柴田光玲さんのスクール説明の仕方には

どことなく曖昧な印象を受けていたことだけは事実です。

 

仮に私と同じような印象を抱いた方がいるとすれば

 

『柴田光玲は何かと理由をつけて、

 結局高額オファーに誘導するつもりだろ』

 

とネガティブな意見を述べる方が出てくるかも知れません。

 

ですが、現状ではスクールの詳細が暴露されているとはいえ

入会費用やスクールの開始日など不明な点はまだまだあるので

全ての情報が完全に出揃うまでは

一概に高額オファーと決めつけるべきではないと思います。

 

 

なぜ私がこんなことを言うのか。

 

それは、らくがきマスター倶楽部の入会時に支払う料金が

チームらくがき(落書き)の運営費に充てると

この段階で明確にされているからです。

 

らくがきマスター倶楽部

 

それだけでなく、柴田光玲さんはこれまで

らくがきビジネスを教えてきた生徒1人につき

トータル150万円の授業料を徴収していたようです。

 

まぁ、らくがきビジネスの極意を使えば

誰でも初月から月収500万円を稼ぐことが可能なので

受講料をすぐに回収できると言われれば否定できませんが、

 

これまでの教え子から150万円を徴収してきた柴田光玲さんが

自身の利益を度外視してチームらくがき(落書き)の運営費のみを

徴収すると明言していることから、

彼自身相当な覚悟をされていることは明らかですね。

 

 

となれば、肝心のチームらくがき(落書き)の運営費ですが

残念ながら動画内で明言されることはありませんでした。

 

まぁ、今回のらくがきマスター倶楽部に

トータル何名が参加するかは全く未知数ですが、

チームらくがき(落書き)の運営費という名目で

数十万円も徴収されることになれば

巷の高額オファーと何ら変わりませんね。

 

そういった不安を抱く方も中には居るでしょうが、

この手のオファーで利益を度外視する講師は

これまでにほとんど出会ったことがないので、

 

そういう意味では巷の詐欺オファーとは異なり

真っ当なノウハウを学べる可能性が高いと考えて良いでしょうね。

 

 

募集開始から16時間以内に参加すれば、柴田光玲が初期費用を全負担する?

 

先ほど、募集開始1時間以内に参加すれば

チーム落書きの運営費のみの支払いだけで済むとお伝えしましたが、

反対に1時間以降は支払う金額が徐々に値上がりするようです。

 

募集開始時の金額が明かされていない段階で

1時間後に値上げすると言われても

一体いくらの値上げになるかも未知数なので

今のところは正確な金額をお伝えすることはできません。

 

どちらにせよ、少しでも早くに参加しさえすれば

通常よりもはるかにお得な料金で

らくがきビジネスの全てを直接学ぶことができ、

初月から500万円を稼げるということですね。

 

 

加えて、募集開始から16時間以内、

つまり7月28日の12時までに参加を決断した方は

初めに発生する初期費用を講師である

柴田光玲さんが全て負担するという、

極めて大胆な発言まで飛び出しています。

 

正直、この発言には私も驚きましたね…。苦笑

 

らくがきマスター倶楽部

 

確かに何らかのビジネスをスタートする上で

大なり小なり初期費用は必ず発生するので、

費用を捻出できないとの理由から

参加を断念しようと考えていた方も多いはずです。

 

そういう方にとって、初めにかかる初期費用を

柴田光玲さんから全負担してもらえるというのは

まさに絶好のチャンスと言っても大げさではありませんね。

 

 

初めにかかる初期費用とは

 

・商品の仕入れにかかる費用

・デザインの補正にかかる費用

・商品化するまでの費用

 

全てを指すとのことですが、

私がこれまで見てきた多数の無料オファーの中で

講師が初期費用を全負担するというケースは

今回が初めてだと言っても過言ではありません。

 

もしも柴田光玲さんの発言が事実であれば、

それこそ巷のビジネス塾の常識を根底から覆す

極めて画期的なスクールになると言って良いですね。

 

 

まぁ、柴田光玲さんが初期費用を全負担してくれるとはいえ

チームらくがき(落書き)の運営費として支払う金額が高ければ

あまり意味がないというか、高額オファーと同じ括りにされても

弁明の余地はないと思いますがね。

 

 

いずれにしても、4話目の無料動画が公開された

1時間後に募集ページが公開されるとのことで

そちらに入会費用やスクール開始日など

本当に知りたい情報が多数掲載されている可能性が高いです。

 

 

2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板では

らくがきマスター倶楽部に関する話題が

一気に増えているように感じます。

 

それだけ大勢の視聴者が柴田光玲さんのオファーに

大きな期待と不安を抱いているのも事実です。

 

 

4話目の無料動画では入会費用やスクールの開始日など

肝心な情報は非公開のままでしたが、

参加希望者の負担を少しでも軽減しようと

柴田光玲さんが様々な策を講じているようです。

 

最終的に高額オファーと判断されるか否かは

募集ページが公開されてからということになりますが、

未だに不明な点が数点あるという理由だけで

インチキオファーだと断言するのは早すぎるかと思います。

 

 

結局のところ、募集期間自体は

丸3日間用意されているわけですから

全ての情報が出揃ったタイミングで

参加するか否かを判断しても遅くないと思います。

 

とはいえ、現時点で参加を検討されている方は

7月27日20時の募集開始直後に

手続きを完了してしまった方が無難でしょうね。

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

らくがきマスター倶楽部

最近のコメント

    為替変動リスク