高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

【合同会社しばざえもん】らくがきビジネスのQ&A動画が緊急公開

柴田光玲のらくがきビジネスの概要

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

タイトル:らくがきビジネス(落書きビジネス)

運営責任者:柴田光玲

販売会社:合同会社しばざえもん

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

らくがきビジネス、号外動画2話目を暴露レビュー

 

先日、合同会社しばざえもんの代表を務める

柴田光玲さんのらくがきビジネスにおいて号外動画が公開され、

当ブログではいち早く動画の内容を暴露レビューしてきました。

 

今のところ、らくがきビジネスの詳細に迫れる

有力な手掛かりをほとんど掴めていない状況の中で

3話目の無料動画の公開を期待していましたが、

今回公開されたのは3話目ではなく

またしても号外動画となってしまいました。

 

 

今回で2つ目の号外動画となるわけですが、

2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板では

 

『本編をいつまで引っ張るんだ!?』

 

という風に、やや焦りを抱いている方が目立ちます。

 

 

まぁ、先日公開された1話目の号外動画では

柴田光玲さんの両親のインタビューがメインだったため

らくがきビジネスの詳細に関する新たな情報は開示されませんでした。

 

そのため、両親のインタビュー映像を公開する意図が何なのか

個人的には少々理解に苦しみましたね…。

 

となれば、立て続けに公開された号外動画に対して

 

『2話目の号外動画も大して意味を成さないのでは?』

 

とお思いの方がいるかも知れません。

 

しかし、合同会社しばざえもんを率いる柴田光玲さんが

全くの考えもなしに2本の号外動画を挟むとは考えにくいです。

 

ですので、今回こそは参考になる新たな情報を

いくつか得られるのではないかという期待を抱いています。

 

 

それでは、2話目の号外動画の中身を

いち早く暴露レビューしていこうと思います。

 

 

2話目の号外動画はらくがきビジネスにまつわる「Q&A方式」

 

2話目の号外動画をご覧になった方はお分かりかと思いますが、

今回はこれまで公開された無料動画の中で

視聴者の多くが疑問に感じている項目について

Q&A方式として柴田光玲さんが答えていくという流れです。

 

号外動画内では全部で7~8つの質疑応答がありましたが、

今回はその中でも特に興味深いと思われる内容を

5つほどピックアップして暴露レビューしていこうと思います。

 

 

まず1つ目の質問は「らくがきをする上でNGな事は何か」です。

 

そもそも、らくがきビジネスでは30秒で描いた落書きを使用するので

既存のキャラクターや類似した絵を描いてしまえば

著作権に引っかかる恐れがあります。

 

そのため、誰もが知っている有名なキャラクターではなく

自分のオリジナルの落書きではければならないとのことです。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

まぁ、これに関してはらくがきビジネスに限ったことではなく

全てのビジネスに共通することなので

ほとんどの方は熟知されているとは思いますが、

 

著作権を侵害してしまうと、最悪の場合

キャラクターの発案者から訴えられる恐れがあるので

既存のキャラクターを真似ることは絶対にNGだと明言していますね。

 

 

では、2つ目の質問は

「稼げる額や期間はキャラクターによって違いが出るか」です。

 

この質問に対して、柴田光玲さんは

 

『キャラクターによって売上額や期間にほとんど変化はない』

 

と断言しています。

 

つまり、30秒の描かれた落書きであれば

チームらくがき(落書き)のチェック&修正を行った後

平均7~10日ほどで売り上げが上がるとのことです。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

実際、2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板にも

この類の話題はいくつか見当たりますが、

どんな商品でも1週間程度で売り上げることが可能なら

絵が上手い・下手に関係なく、どんな方でも

30秒で落書きをして月収150万円以上稼げると思って良いですね。

 

 

ここまでの質疑応答を見る限り、らくがきビジネスは

それなりに真っ当なビジネスモデルだと感じられます。

 

 

らくがきビジネスでの初期費用と過去の転売ビジネスとの違い

 

では3つ目の質問に関する暴露レビューに移ります。

 

 

3つ目は「仕入れなどの初期費用はかかるのか」です。

 

この質問は大勢の方が興味を抱いていると思いますが、

柴田光玲さんは

 

『キャラクターをプリントする商品の仕入れ費用が

 いくらかは発生する』

 

と明言されています。

 

 

確かに流通している商品を仕入れないことには

落書きしたキャラクターをプリントできないので、

この段階で柴田光玲さんが初期費用の有無を明言しているのは

なかなか潔いと感じました。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

というのも、巷のネットビジネスのほとんどでは

「初期費用ゼロ」を謳っておきながら

フタを開けてみれば何万~何十万円の費用が発生する

というケースが後を絶ちません。

 

やはり、ビジネスをスタートする際には

大なり小なり初期費用は必要になってくるので

オファーの終盤になってから

 

『実は初期費用が発生します』

 

と言われるより、よっぽどマシなのは言うまでもありませんね。

 

 

では4つ目の質問です。

 

4つ目の質問は

「柴田光玲さんが過去に行っていた転売ビジネスと

 今回のらくがきビジネスはどう違うのか」

 

です。

 

これに関する回答は実に明白で、

2年前にネット上で募集した転売系のオファーは

優位性は高かったが再現性に欠けていたとのこと。

 

 

そもそも転売を行う際には、自分で店舗に出向き

利益の取れる商品を安く仕入れなければならず、

商品が売れた際は梱包・発送に至るまで

全て自分の手で行わなくてはなりませんよね。

 

もちろん、転売ビジネスで名を馳せた柴田光玲さんですから

それなりに優位性の高いノウハウを教えていてもおかしくないですが、

「無駄な労力がかかる」という点を加味すると

再現性に不安があったと明言しています。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

しかし、今回のらくがきビジネスでは

30秒で落書きを描ければ収入に繋がるわけですから、

転売ビジネス以上に再現性が高いことはお分かりかと思います。

 

まぁ、柴田光玲さんが過去に手掛けた転売オファーの詳細は

今となっては全く不明としか言いようがありませんが、

転売ビジネスで発生する労力を極限まで削ぎ落として

高い収益性を兼ね備えているのが

今回のらくがきビジネスという認識で問題ないかと思います。

 

 

ネット上で柴田光玲を批判する記事があるのは事実なのか

 

それでは5つ目の質疑応答に移ります。

 

5つ目の質問は

 

“ネット上で柴田光玲を批判する記事があるのは事実なのか”

 

です。

 

 

確かに柴田光玲さんは2年前に転売オファーを公開しており

ネット上でもそこそこ話題に挙がっていますので

以前から彼の存在を知っていた方もいることでしょう。

 

 

実際、巷の無料オファーの講師の中には

以前に別のビジネスオファーを手掛けている方も珍しくなく、

そのほとんどが2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板で

相当な批判を浴びているのです。

 

 

私は決してネットビジネス講師を擁護するつもりはありません。

 

というのも、彼らの大半は単なるお金儲けのために

次から次へと新たなオファーを公開して

参加者に全く稼げないノウハウを涼しい顔で教えているのです。

 

そういった方を擁護するつもりは毛頭ありませんが、

柴田光玲さんに関しては自分の口から過去のオファーの話をし

過去の転売ビジネスとらくがきビジネスの違いを明確に説明しています。

 

だからといって、柴田光玲さんのらくがきビジネスが

既存のビジネスモデルより優れているとは言っていないので、

そこだけは誤解のないようにお願いしますね。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板で

批判を浴びている無料オファーのほとんどは

稼げるだけの明確な根拠を一切提示せずに

ただ高額オファーへの参加を強制するケースばかりなので

インチキだと罵られても弁明の余地はありません。

 

ですが、2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板で

書き込みをしている方の中には、オファーの全貌を知らず

ただただ批判を繰り返している方が多いのもまた事実です。

 

そのような媒体では、匿名での投稿が非常に多く

投稿者の素性は一切分からず仕舞いなのです。

 

 

その上で柴田光玲さんは

 

『顔出しをしてまでノウハウを公開している人間と

 素性を一切明かさずに批判する人間なら、

 どちらを本当に信用できるのか』

 

と言い切っています。

 

今の情報商材業界では、経歴を偽った講師が

インチキなオファーを公開するのが日常茶飯事ですが

柴田光玲さんにはこれまで述べてきた

社会的な実績と信用を兼ね備えた人物です。

 

私も柴田光玲さんの経歴や実績は認めますが、

インチキ講師が蔓延している情報商材業界で

本物のノウハウを見極めるのは至難の業ですよね。

 

 

とはいえ、今回の号外動画の中での

柴田光玲さんの発言がどこまで事実なのかは

まだ何とも言いようがありませんが、

 

『他のインチキ講師とは違い、明確な実績がある』

『視聴者が知りたい情報をある程度開示している』

 

という以上の2点を踏まえた結果、

個人的には柴田光玲さんは巷のネットビジネス講師よりも

まだ信用できる人物ではないかと踏んでいます。

 

 

とはいえ、現時点でらくがきビジネスの

オファーの全貌は明かされていないので、巷の無料オファーと同様

最終的には高額オファーが用意されているかも知れません。

 

こればかりはフタを開けてみないことには

何とも断言のしようがありませんが、

柴田光玲さんが実績や経歴の伴った人物なのは明白なので

その他大勢のインチキオファーと比べると

そこそこ期待が持てるのではないか、というのが私の見解です。

 

 

いずれにしても、近日中に本編となる

3話目の無料動画が公開されるはずなので

これまで知り得なかった情報を数多く知れることは間違いありません。

 

 

以上の点を踏まえて、

柴田光玲さんの経歴や実績には全く問題ないものの

らくがきビジネスの全貌が明かされるまでは

 

『真っ当なオファーともインチキオファーとも断言できない』

 

というのが適切ではないかと思います。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

最近のコメント

    為替変動リスク