高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

【柴田光玲】らくがきビジネス 収益発生の仕組みを暴露レビュー

柴田光玲のらくがきビジネスの概要

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

タイトル:らくがきビジネス(落書きビジネス)

運営責任者:柴田光玲

販売会社:合同会社しばざえもん

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

らくがきビジネス、2話目の動画を暴露レビュー

 

先日、合同会社しばざえもん・柴田光玲さんの手掛ける

らくがきビジネスについて、公開された1話目の無料動画を

暴露レビューさせて頂きました。

 

2ch(2ちゃんねる)掲示板や情報商材ブログ等で

早くも話題騒然となっているだけに

当調査ブログ宛てにも複数のご質問が届き、

たった30秒らくがきするだけで150万円を稼げるビジネスに

多くの注目が集まっているのは間違いありません。

 

とはいえ、1話目の無料動画を見え終えた段階では

ビジネスモデルの特定には至っておらず、

最終的に高額オファーが控えているか否かも

全く判断できない状況だとお伝えしましたね。

 

 

先日ようやく2話目の無料動画を受け取ったため

私の方でも早速視聴し検証を行いました。

 

 

前回はインタビュアーが何かの絵を描いたところで

映像が途切れてしまったので、本日はインタビュアーが

一体どんな絵を描いたのか、そしてらくがきビジネスにおける

収益発生までの仕組みを分かる範囲で暴露レビューしていこうと思います。

 

 

インタビュアーの描いた「らくがき」

 

1話目の無料動画は、インタビュアーが画用紙に

何らかの絵を描いたところで終わってしまうという

何とも中途半端な終わり方をしたため、一体どんな絵を描いたのか

興味を抱いている方が多いのではないかと思います。

 

 

2話目の無料動画は前回の続きということで、

彼が30秒で書き上げた絵を披露するところからスタートします。

 

インタビュアーは柴田光玲さんに対抗して猫を描いたそうですが

誰がどう見ても後者、つまり野呂田直樹さんの描いた絵の方が

若干綺麗な印象を受けます。

 

30秒で描いた絵というだけあって確かに上手くはありませんが、

柴田光玲さんのらくがきのレベルを考えても

今回の無料オファーに新たに参加する方は

インタビュアーぐらいのレベルの絵が描けさえすれば、

簡単に月収150万円を稼げると思って良いですね。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

そして描いた絵をスマートフォンで撮影し柴田光玲さんに送り、

それをチームらくがきに送って1週間ほど待つだけで

150万円の収入が発生するという流れのようです。

 

とはいえ、今後らくがきビジネスに参加する方が

描いた絵を毎回柴田光玲さんに送り、

そこからからチームらくがきに送るとなると

かなり手間がかかってしまいそうな気がします。

 

 

まぁ、100歩譲ってが1~2名程度の参加者なら

 

『参加者⇒柴田光玲さん⇒チームらくがき(落書き)』

 

という順番で良いかも知れませんが、

参加人数もそれなりに多くなる可能性が高いことを考えれば、

実際には自分たちの描いた絵を

チームらくがきに直接送るのではないかと思います。

 

その件については、柴田光玲さんの口から

具体的に明言されておらず詳細は不明ですが、

柴田光玲さんが参加者全員の絵を受け取って

チームらくがき(落書き)に送るというのは明らかに手間なので、

参加者自身が直接絵を送る可能性が高いですね。

 

 

インタビュアーの「らくがき」が商品として販売され大ヒットを記録

 

では、次の暴露レビューに移ります。

 

通常であれば、描いたらくがきを送ってから1週間待たなければ

商品化されない「らくがきビジネス」ですが、

今回は通常よりも早い段階で商品化し

販売から3日目にも関わらず飛ぶように売れているとのことです。

 

ちなみに、インタビュアーが描いた絵は「のろねこ」と名付けられ

彼の趣味である読書にちなんで「ブックカバー」として販売されたようです。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

通常の場合だと販売までに1週間はかかるところ

今回に限っては3日目で大ヒットしていることから察するに、

実際には「らくがき(落書き)」を描いてから最短1~2日程度で

販売までこぎつけることが可能であることが判明しましたね。

 

まぁ、1~2日で販売することができたとしても

実際には大勢の参加者がチームらくがき宛てに

一斉に絵を送る可能性が高いため

当初から謳われている通り、実際に販売が開始されるまでには

どれだけ早く見積もっても1週間はかかりそうです。

 

 

また、のろねこがプリントされたブックカバーも公開されていますが

当初画用紙に描かれていたらくがきよりも

商品として完成していることが確認できます。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

見たところ、当初の絵とそこまで大きな変化はないものの

元の絵を修正したことで見栄えが良くなっているのは確かなので、

1~2日で販売を開始した割には十分な出来ですし、

チームらくがきのイラストのスキルはそれなりに高いのでは、と感じました。

 

 

加えて、今回新たに商品化されたブックカバーが

販売から3日目で51万円以上を売り上げたということで、

その証拠として売り上げ画面が公開されています。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

確かに3日間で51万円以上を売り上げているため

ブックカバーを出品した直後から爆発的に売れていることになります。

 

 

前回の無料動画で暴露された、

しばざえもんTシャツやパソコンケースのように

合同会社しばざえもん・柴田光玲さんの名前で販売すると

瞬間的に需要が高まるのかと思う方が多いでしょうが、

私はここである一つの疑問を感じました。

 

その疑問というのは、

 

『一体どこで販促活動を行っていたのか』

 

についてです。

 

 

ブックカバーの3日間の売り上げを暴露レビュー

 

前回の1話目で、しばざえもんTシャツやパソコンケースが

Amazonで販売されていたという情報を知っているせいか

同様にブックカバー検索をしたところ、

実際にネット上で販売されていることが判明しました。

 

しかしながら、3日間で51万円も売れるということは

販売初日から注文が殺到しているはずです。

 

 

しかも、頻繁にAmazonを利用する方であっても

新商品の販売開始日を把握しておかなければ

当日から購入できるはずがありません。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

もしも柴田光玲さんがネット上のどこかで販促活動を行っていたとすれば、

ネット上の2ch(2ちゃんねる)掲示板で

 

『合同会社しばざえもんから新商品が販売されるらしい』

 

など、それらしい話題があってもおかしくありません。

 

 

事実、私が2ch(2ちゃんねる)掲示板を確認したところ

のろねこブックカバーに関する話題は見当たらなかったので、

柴田光玲さんがどこで販促活動を行っていたかは謎のままです。

 

 

本当に3日間で51万円も売れるほどの人気商品ならば

どこで販促活動していたのかも包み隠さず公開して欲しいところですね。

 

 

ちなみに、51万円以上を売り上げたあのブックカバーは

何と43万円の利益が出ているということで、

単純計算しても約80%の利益率を誇っていることになります。

 

柴田光玲さん曰く

 

『自分で描いた絵であれば独占販売でき、

 自分の好きな利益率に設定することが可能』

 

と明言しています。

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

 

確かに自分でデザインを手掛けた商品であれば

好きな価格に自由に設定することは可能ですが、

売り上げ高を意識しすぎて市場価格よりも

はるかに高額な値段に設定すれば

反対に需要がほとんどなくなる恐れがあります。

 

ビジネス初心者が適切な価格設定をするのは困難なので

実際は柴田光玲さんから指導される可能性は高いですが、

今はそこまで具体的な話題が出ていないので

需要の高い商品を生み続けて

高い利益率を維持するための秘訣は現状不明なままですね。

 

 

2ch(2ちゃんねる)や情報商材ブログ掲示板では

巷の悪質な無料オファーと同じように

高額オファーの存在を仄めかす方が数名いらっしゃいます。

 

ですが、前回の暴露レビューでもお伝えした通り

悪質オファーだという決定的な証拠が見つかっていないので、

今のところは健全なオファーとも悪質オファーとも言えない状況です。

 

 

つまり、証拠がほとんど出揃っていない段階で

否定的な意見を先行させるのは好ましくないということですね。

 

 

いずれにしても、公開されている実績の信ぴょう性に関しては

少々疑問が残る結果になったのは言うまでもありませんが

2話目の無料動画を通じて、らくがきビジネスを始めて

収益が発生するまでの仕組みは大よそ理解できました。

 

 

3話目の無料動画ではこれまでのノウハウに加えて

毎月の収入を500万円以上に増やせる

「ある方法」について徹底暴露するとのことで

依然として興味をそそられているのも事実です。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

らくがきビジネス(落書きビジネス)

最近のコメント

    為替変動リスク