高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

ポール・ジモンのフラッシュゾーンFXは聖杯なのか?【ロジック検証】

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)
《当ブログオリジナルご購入者特別特典》
詳細はこちらをクリック

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)、フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)の概要

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)のフラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

タイトル:ポール・ジモン(Paul Zimon)のフラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

運営責任者:ポール・ジモン(Paul Zimon)

販売会社:株式会社 ISK capital

記事一覧:フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)【まとめ速報一覧】

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

フラッシュゾーンFXのロジックを検証

 

元SMBキャピタル所属の現役プロトレーダー

ポール・ジモンさんの最新FX商材オファーということで検証を開始しましたが

本日はフラッシュゾーンFXが聖杯なのかどうか?

について調査を行っていきたいと思います。

 

「SMBキャピタルで実際に運用されている手法」

「月間平均利回り12.7%」

「24時間時間帯を選ばずトレードできる」

「1日3分~という短時間での運用が可能」

「3つのステップ通りにトレードするだけ」

 

こういった特徴があるフラッシュゾーンFXですが、

これが本当であれば“聖杯”といっても大げさではありません。

 

 

では、実際にこの手法ではどのような手順で

トレードを行っていくのか見てみましょう。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

販売ページには、フラッシュゾーンFXを再現するには

上記の3つのステップをこなすだけと記載されています。

 

この真意を確かめるべく、当ブログでも早速フラッシュゾーンFXへ

参加してみることにしましたが、

具体的なトレード手順が動画形式で公開されていましたので

その内容をかみ砕いてお伝えしたいと思います。

 

 

まず、実践を開始するにあたってMT4のインジケーターの

設定を済ませてしまう必要があります。

 

販売ページでも記載されていますが、

使用するインジケーターは「フィボナッチリトレースメント」。

 

このインジケーターは一般的には“単純な引き戻しを図ること”に使われますが、

フラッシュゾーンFXではそういった使い方をせず、“ある設定”を加えます。

 

この特別な設定をおこなったフィボナッチリトレースメントを使い、

エントリー~イグジット、損切りポイントの全ての判断を行います。

 

フィボナッチリトレースメントの設定が完了しましたら

後は上記の3つのステップを繰り返すだけです。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

まずは、サイクルクローズという“独特な形を形成する相場条件”を見つけます。

 

この条件というのが

 

「相場が上昇し、上昇トレンドにのきらず、

下降して同じ位置まで下がった相場」

 

ということです。

 

手法解説動画ではこのサイクルクローズの見つけ方について

具遺体的に説明されていますので、

初心者でもつまづくことなく簡単に見つけられるでしょう。

 

サイクルクローズを見つけたら、

フィボナッチリトレースメントの出番となります。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

ここでは

 

「相場が急落したところから上昇に変わる転換ポイント」

 

を見つけ出し、エントリーまで行います。

 

わかりやすく言うと、

先ほどのサイクルクローズをフィボナッチリトレースメントで

測定することで“一目でエントリーポイント”を見つけることができます。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

ステップ1とステップ2まで出来れば、

あとはストップとリミットを入れて利益確定を待つのみです。

 

ここに関してもフィボナッチリトレースメントが大切となってきますが、

フィボナッチリトレースメントを使うことによりエントリーの時点で、

ストップとリミットのポイントも“一目で判断可能”となっています。

 

つまり、ほぼ何も考えることなく

エントリー~イグジット、損切りまでをこなすことが出来る

というのがこの手法の大きな強みなんですね。

 

 

フラッシュゾーンFXの再現性は?

 

私もまだ実践に入ったわけではないため

断言することはできませんが、正直なところ

 

“フラッシュゾーンFXの再現性はかなり高いだろう”

 

と考えて良いと思います。

 

 

上記のトレードルールの説明からお分かり頂けたと思いますが、

フィボナッチリトレースメントに特殊な設定を施すことにより

全てのポイントを“一目で判断できる”ようになっています。

 

 

また、会員サイトの動画内で

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんは以下のように明言しています。

 

「私もこのプロップファームであるSMBキャピタル出身のトレーダーであり、

 現在SMBキャピタルで使われているトレード手法を

 日本で広める独占権を持っております。」

 

つまり、今回のオファーはSMBキャピタル公認と考えてよいでしょうね。

 

 

実際、販売ページでもフラッシュゾーンFXはSMBキャピタルで

運用され続けている手法であり、15年間もの間

勝ち続けている手法だと記載されています。

 

 

手法ロジック自体、非常に理に叶っていますし、

正直これだけシンプルで適格な裁量手法というのは

これまで見たことがありません。

 

大抵の裁量手法は複雑であったり、チェックポイントが多かったり

様々な知識を学習しなければなりませんからね…

 

 

そう考えると、フラッシュゾーンFXはインジケーターの設定後は

1日たった3分間、3つのステップを繰り返し行うだけですから

どれだけ簡単な手法かがよくわかると思います。

 

 

また、フラッシュゾーンFXではリスクリワード比は、

 

【損益:利益】⇒【1:2】

 

が基本となっていますが、この比率は最大で

 

【損益:利益】⇒【1:2~10】

 

まで変更可能となっています。

 

 

手法に完全になれるまでは、リスクリワード比を1対2で

トレードすることが良いでしょうが、

慣れてきたタイミングで少しずつリワード率を高くしていくことで

さらに効率的に資産運用ができるようになるというわけですね。

 

また、トレードを行う上で時間足の指定がないというのも

この手法の特徴となっています。

 

5分、15分、30分などの短期トレードはもちろん

1時間足、4時間足、日足、週足などの

中長期トレードでも実践することができる手法となっています。

 

 

さらに、通貨ペアの制限もないため、

時間足を変えながら複数の通貨ペアで運用することによって

トレードチャンスを圧倒的に増やすしていくことも可能です。

 

 

もちろん、最初は通貨ペアを1つに絞り、まずは手法を身に付けることが大切ですが

それだけ自由が高く、効率的に相場から利益を獲得していくことが

可能な手法となってるということなのです。

 

 

フラッシュゾーンFXの会員サイト

 

本日は手法ロジックや、手法の再現性、優位性について

調査を行ってみましたが、

最後にフラッシュゾーンFXの会員サイトを紹介したいと思います。

 

フラッシュゾーンFX購入後にPDFをダウンロードすると

会員ページへの案内がありますので登録を済ませてログインします。

 

すると以下のようなページが表示されますので、

ここから各コンテンツを利用することができるようになります。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

そして、会員が受けられるコンテンツ内容は以下の通りです。

 

■初心者向け解説

 

・初心者向けPDFマニュアル

・FXの基礎知識について

・チャートとインディケーター

・リスク・リワード管理(資金管理)

 

■Flash Zone FX 手法解説動画

 

・はじめに

・MT4の設定(フィボナッチの設定)

・手法の全体像について

・サイクルクローズの解説

・フラッシュゾーンの解説

・エントリー条件

・利益確定ポイント

・損切りポイント

・手法のまとめ

 

■過去チャート検証動画(※随時更新)

 

■特典

 

■Q&A

 

 

このようにして、フラッシュゾーンFXの手法を

学んでいくことができるというわけです。

 

ちなみに、フラッシュゾーンFXには

 

“購入代金全額返金”

 

というかなり強気な保証が用意されています。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

1か月間運用を行い、利益を出すことが出来なければ、

購入代金を即返金してもらえるというものとなっており

参加者にとってはかなり心強い保証と言えます。

 

 

前回もお話したようにこれまでのフォワード実績を確認しても

この手法が本当に勝てているというのはわかりますし、

なによりこれだけ結果が出ている上で

1ヶ月実践して収益がマイナスになるほうが難しいでしょう。

 

仮に、万が一損失が出てしまった場合は

全額返金保証で購入代金を返してもらえばいいだけですから、

これほどまでに好条件なFX商材オファーは他にはないでしょうね。

 

⇒【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)
《当ブログオリジナルご購入者特別特典》
詳細はこちらをクリック

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

最近のコメント

    為替変動リスク