高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

ポール・ジモン(Paul Zimon)のフラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)調査開始

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)
《当ブログオリジナルご購入者特別特典》
詳細はこちらをクリック

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)、フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)の概要

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)のフラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

タイトル:ポール・ジモン(Paul Zimon)のフラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

運営責任者:ポール・ジモン(Paul Zimon)

販売会社:株式会社 ISK capital

記事一覧:フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)【まとめ速報一覧】

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

話題のFX商材、フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

最新のFX商材フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)のオファーが

スタートしたということで当ブログへ数件の検証依頼が寄せられていますので

どのような内容のオファーなのか早速調査してみました。

 

販売者は、元SMBキャピタル所属の現役プロトレーダー

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんという方です。

 

国内でオファーを行うのは今回が初めてということですから、

彼を見るのは初めてという方も多いでしょう。

 

もちろん、私も今回のオファーをきっかけに

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんの存在を知りました。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

それでは、このオファーのポイントを簡単にまとめてみましょう。

 

・元SMBキャピタル所属の現役プロトレーダー

 ポール・ジモン(Paul Zimon)が緊急帰国

・現在も専業トレーダーとして1億9000蔓延を運用する男が

 日本国内では決して知れ渡ることがなかった手法を遂に明かす…。

・15年間負けなし月間平均12.7%の利率を叩き出す独占的トレード手法

・24時間時間帯問わず『1日たった3分』

 

これだけを見ればかなり魅力的なオファーですね。

 

 

ですが、これはどこまで本当なのでしょうか?

 

販売者の素性はもちろん、手法の優位性や再現性、

そして、本当に1日3分のトレードで

月間平均12.7%の利率を得ることは可能なのでしょうか?

 

気になっている方も多いと思いますので、

本日はそういった点について具体的にチェックしていきたいと思います。

 

まず、『月間平均12.7%の利率』という成果を期待できるかどうかについて。

 

これに関しては、現時点ではあくまで憶測でしかありませんが、

信ぴょう性は比較的高いのではないかと思います。

 

というのは、販売ページ冒頭へ

 

《2015年1月30日~2015年7月6日までのフォワード実績》

 

が開示されているからです。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

実際に運用しているFX業者の取引ページがそのまま掲載されているので、

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんが

本当に勝てているというのは嘘ではないようです。

 

FX商材系オファーでは、フォワード実績を公開していない場合が多いため

今回のようにしっかりと実績を提示しているのは好印象ですね。

 

 

加えて、このフォワード実績を見る限りでは

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんが1億9000万円を

運用しているというのも嘘ではないでしょう。

 

 

ただ、問題は

 

「本当に3分でこれだけ稼げるか?」

 

「そして、誰でもポール・ジモン(Paul Zimon)さんと同じようにトレードし、

同じ結果を得ることができるのか?」

 

というところでしょう。

 

 

トレードルールは3つのステップをこなすだけ?

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)のトレードルールは

わずか3つのステップのみとなっているようです。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

ステップ.1はサイクルクローズという

“相場の条件”を見つけることと記載されています。

 

サイクルクローズとは

 

「相場が上昇しているが、上昇トレンドに乗り切らず

 下降して同じ相場まで下がった時」

 

のことです。

 

 

ステップ.2では“あるインジケーター”を使い

相場が上昇に代わる転換ポイントを見つけます。

 

“あるインジケーター”とはフィボナッチトレースメントで、

これをオリジナルの設定で使用することっで

このポイントを簡単に判断できるのだということです。

 

 

ステップ.3では“ある条件”に従って、

ストップロスとリミットを入れて決済まで待つのみとなっています。

 

 

つまり、トレードの傾向としては『逆張り手法』ということになりますね。

 

トレードルールは非常にシンプルですし、

ロジックも全て公開しているということですから、

比較的誰でも取組安い手法なのではないかと思います。

 

ただ、手法の優位性や再現性を正確に判断するためには

実際に運用してみなければ何とも言えません。

 

 

ちなみに、フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)の

トレードマニュアルは基本的にトレード動画形式となっており、

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんが実際に

相場と向き合いながらリアルトレードのような感覚で

手法を学んでいくことができるということです。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

多くのFX商材はテキストベースのものが主流ですが、

実際はそういったマニュアルはなかなか手法が身につかない…

という特徴があるんです。

 

チャートというのは常に動き続けているわけですから、

文字や図解だけでは効率的に学習できなくて当然ですよね。

 

 

ですから、フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)のように

トレード動画形式でよりリアルに手法を学習できるというのは

評価できるポイントだと思います。

 

 

SMBキャピタルとは何なのか?

 

販売ページでも紹介されていますが、SMBキャピタルとは

アメリカの有名なプロップファームのことです。

 

プロップファームとは社内でトレーダー集団を抱え、

資金を預からずに自社の資金のみを運用する企業のことを指します。

 

ファンドなどの場合は機関投資家から資金を集め運用しているため、

プロップファームのトレーダーのほうが

実質抱えるリスクは大きくなります。

 

ですから、プロップファームに所属できたとしても

“本当に実力がないトレーダー”は即刻クビを言い渡される

非常にシビアな世界なわけです。

 

 

参考までにSMBキャピタルのホームページ紹介しておきたいと思います。

 

SMBキャピタル・ホームページ

 

 

ちなみに、SMBキャピタルはトレーダーの聖地とも呼ばれる

ニューヨークのウォール街を拠点としています。

 

つまり、世界でもトップクラスのトレーダー集団というわけですね。

 

 

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんはそのトップクラスの

ファームに2年もの間所属しており、現在は独立のために

日本へ帰国してきたのだということです。

 

そして、その第一弾目のオファーが

今回のフラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)ということなんですね。

 

 

しかし、

 

「ポール・ジモン(Paul Zimon)さんが本当に

SMBキャピタルへ所属していた証拠はあるのか?」

 

と疑問に思う方も多いと思います。

 

 

当然私も最初は疑いから入りましたが…苦笑

 

販売ページには、ポール・ジモン(Paul Zimon)さんが

SMBキャピタルへ所属していたころの写真が掲載されています。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

こちらは、ボス(上司)とのツーショット。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

このことから、彼が本当にSMBキャピタルへ所属していたというのは

まず間違いのない事実だと考えることができますね。

 

とにかく、フォワード実績を開示していることや

ポール・ジモン(Paul Zimon)さんの過去の写真など、

公開されている情報を見る限りでは

今回のオファーに“嘘”はほぼ無いと感じます。

 

 

ただ、最初から期待し過ぎるのも危険ですので、

もう少し時間をかけて慎重に調査していきたいと思います。

 

 

追伸

 

販売ページをご覧いただけるとわかると思いますが

現在はスペシャル先行特典の“無料配布”を行っているようです。

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

 

21日までの限定配布ということですので、

配布期間が終了してしまうと二度と手にすることができないようです。

 

 

その内容も、生徒さんとの対談動画や、

FX初心者に向けたリアルトレード動画、

 

さらには収益を1.5倍にするための秘訣を公開した

ポール・ジモン(Paul Zimon)さん本人による

限定トレード動画となっています。

 

 

先行申込み者のみが限定で受け取ることのできる

特典ということですから、

もしも参加するのではこの期間内にお申込みしたいところです。

 

 

まぁ、どちらにしても参加するべきかどうか悩んでいる

という方も多いと思いますので、ポール・ジモン(Paul Zimon)さんや

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)について

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

⇒【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)
《当ブログオリジナルご購入者特別特典》
詳細はこちらをクリック

フラッシュゾーンFX(Flash Zone FX)

最近のコメント

    為替変動リスク