高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

【無料オファー】7種類のプロダクトローンチ 検証

7種類のプロダクトローンチの概要

 

7種類のプロダクトローンチ

タイトル:7種類のプロダクトローンチ

運営責任者:北野哲正、松本剛徹、小島幹登

 

7種類のプロダクトローンチ

 

合計50億円を売り上げたプロダクトローンチとは

 

50億円以上をプロダクトローンチで売り上げた3名の講師が

これまで行ってきたプロダクトローンチを直接指導すると謳う

無料オファーが現在公開されています。

 

プロダクトローンチは頻繁に公開されていますから

無料オファーを通じて何かしらのオファーに参加した経験があれば

どのような手法なのかある程度は予想が付くはずです。

 

 

7種類のプロダクトローンチでは

プロダクトローンチを通じて何かしらのオファーに参加した方が

これまでとは全く逆の立場、つまりプロダクトローンチを実践する側に立ち

コンテンツを販売して報酬を得られるとのことです。

 

 

今回の無料オファーで講師を務めるのは

北野哲正さん、松本剛徹さん、そして小島幹登さんの3名で

この3名の講師陣からプロダクトローンチの手法を

徹底的に指導してもらえるということです。

 

まぁ、トータル50億円以上を売り上げた3名の講師が

プロダクトローンチの方法を指導してくれるということで、

一見すると旨い話に聞こえますが、

 

ネットビジネスの知識が全くない素人が

プロダクトローンチを実践したとして

初月から確実に稼げるとは思えませんが…。

 

 

とは言ったものの、プロダクトローンチを実践したいと思う方が

現時点で多数いらっしゃるはずですので

今回は北野哲正さんと松本剛徹さん、そして小島幹登さんによる

7種類のプロダクトローンチについて調査を進めていこうと思います。

 

 

プロダクトローンチとはどのような手法なのか

 

プロダクトローンチがどのような手法なのかを

まだ完全に理解されてない方がいるはずですので

まずはプロダクトローンチがどのような手法なのかを

簡単に説明させて頂きます。

 

 

プロダクトローンチを一言で言い換えると

 

“商品(コンテンツ)を爆発的に売る手法”

 

ですが、もう少し突っ込んで説明すると

 

“時間をかけて少しずつ売り込んでいく手法”

 

ということになります。

 

7種類のプロダクトローンチ

 

みなさんがよく目にする無料オファーページを思い浮かべてください。

 

無料オファーページにはメールアドレス記入欄があり

そこから登録することで複数回に渡って無料動画が届き、

最終的に高額オファーや高額塾に誘導するというものです。

 

このような説明をするとプロダクトローンチに対して

否定的なイメージを持つ方がほとんどのはずですが、

プロダクトローンチで販売されるコンテンツが必ずしも

詐欺オファーやインチキオファーではないことだけは

しっかりと理解しておいてください。

 

 

話は少し逸れますが、情報商材の販売ページといえば

やたらと長い文章で構成されていますよね。

 

販売ページがあれだけ長いと全部読むのにかなりの時間を要する割に

読み終える頃には前半の内容すら忘れてしまい、

内容を完全に理解しないまま購入に至るケースが多く目立ちます。

 

一昔前は嘘の情報を多数記載するといった

詐欺商材が多数横行していたため

販売ページの内容を理解せずに購入して失敗した方が多く、

現在では投資商材の販売ページそのものが警戒されつつあります。

 

 

一方のプロダクトローンチは販売ページの内容を横にして分割し、

日にちの間隔を空けて分割した情報を複数に分けて小出しにします。

 

情報を一気に提供するのではなく間隔を空けて小出しにすることで

読み手に伝えたい情報を確実に理解してもらうことが狙いです。

 

そして情報を小出しにしていく過程で一切売り込みをかけず

最終的にに高額塾や高額オファーの案内を行うことで

販売ページだけを読むよりも理解が深まるため

販売したいコンテンツにスムーズに誘導できるというわけです。

 

 

この場合メールアドレスを登録した後に送られてくる

複数の無料動画が、縦に長い販売ページを

分割して小出しにしたものだと考えれば

より一層理解しやすいかも知れませんね。

 

 

その上で、近外の7種類のプロダクトローンチのオファー概要を説明しておくと

北野哲正さんと松本剛徹さん、小島幹登さんが実際に行っている

 

「MAX型(爆発的に売り上げる方法)」

「オートローンチ型(安定した収入を継続的に得られる方法)」

 

を7種類のテンプレートを用いて指導してくれる、

 

そしてプロダクトローンチで失敗しないための3つのポイントや

ノーリスクで実践できるプロダクトローンチの手法を公開し

ネットビジネス初心者でもすぐに実践可能とのことです。

 

7種類のプロダクトローンチ

 

7種類のプロダクトローンチ

 

プロダクトローンチは今やビジネスモデルとして定着しているので

ノウハウさえマスターしてしまえば実践できるかも知れませんが、

才能・人脈・資金が揃って初めて可能になりますので

一つでも欠けていれば実践すること自体困難な気がしますね。

 

 

どうやら北野哲正さんと松本剛徹さん、そして小島幹登さんでは

実践する際に7つのテンプレートを用いると謳われていますが、

テンプレートがどのようなものなのか一切明かされておらず

現時点ではテンプレートの詳細は不明となっています。

 

現在は無料オファーの段階ということで

内容を公開していないと言われればそれまでですが、

合計50億円プロダクトローンチでを売り上げたのが本当であれば

どのようなテンプレートを用いているのかを

想像できるような説明くらいは入れて欲しいですね。

 

 

7種類のプロダクトローンチの講師陣の経歴は本物なのか

 

7種類のプロダクトローンチでは3名の講師陣から

絶対に失敗しないプロダクトローンチ手法を学べるとのことですが、

ここで講師の経歴について触れておきたいと思います。

 

まず1人目の講師である北野哲正さんは

株式会社コンサルタントラボラトリーや株式会社アントレラボラトリーなど

3社の代表取締役と2社の取締役、そして

3つの一般社団法人の理事を務める起業家として知られています。

 

北野哲正さんについて調べてみたところ、今年の1月頃に

スピリチュアルカウンセラーである穴口恵子さんと共に

 

“スピリチュアル企業プログラム2016”

 

と呼ばれるオファーを公開していたようですね。

 

7種類のプロダクトローンチ

 

加えて2014年には

 

“ゼロ起業 あなたの経験・知識をお金に換えるノウハウ”

 

の執筆を手掛けており、おそらくは彼の著書を

読んだ経験があるという方もそれなりにいらっしゃるはずです。

 

7種類のプロダクトローンチ

 

では2人目の講師である松本剛徹さんについてですが、

富士通株式会社に入社後に独立を果たし現在では

株式会社リアルネット・株式会社リアルネットプロモーションで

代表取締役、一般社団法人日本スマートフォンマーケティング協会の

代表理事を務める人物と謳われています。

 

 

7種類のプロダクトローンチ

 

 

主にインターネットマーケティング事業を展開しているとのことで

これまでに300社以上の業績を上げてきた実績を持っているそうですね。

 

 

それでは3人目の講師である小島幹登さんについてです。

 

小島幹登さんは健康関連ビジネスで独立を果たし

起業からわずか3ヶ月で月商1000万円、そして

半年で月商2000万円の業績を上げることに成功したとのことです。

 

 

7種類のプロダクトローンチ

 

 

その後は造園工事の一括見積りサイトを立ち上げて

日本最大規模の造園会社のネットワークを構築した経歴を持っています。

 

 

3名とも若手の起業家として多方面で活躍されており

彼らに関する情報はネット上にも多数挙がっているため

今回の無料オファーのために経歴を偽っている可能性は低いですね。

 

 

7種類のプロダクトローンチではどのくらいの成果が見込めるのか

 

販売ページには彼らから直接指導を受けた方の

コメントが複数掲載されており

 

『30万円以上の住宅ローン専門のオファーで1,100万円の売り上げ』

『カウンセリング業に集客のローンチを取り入れて月100万円の売り上げ』

『介護ビジネスにローンチの手法を加えて450万円の収益』

 

7種類のプロダクトローンチ

7種類のプロダクトローンチ

7種類のプロダクトローンチ

 

というように、それぞれ異なる業種であるにも関わらず

プロダクトローンチの手法を取り入れることによって

売り上げを一気に伸ばせたそうです。

 

 

それ以外には、プロダクトローンチを初めて実践したにも関わらず

Facebookでリストを集めて500万円以上の売り上げを上げた方や

販売するコンテンツを持っていない方でも

4,000万円を売り上げたというコメントが掲載されています。

 

 

こういった実績を見ると、プロダクトローンチ初心者でも

確実に売り上げを上げられると感じる方が多いはずですが

現時点では7種類のプロダクトローンチを行う上で必要とされる

7つのテンプレートに関する詳細については一切記載されておらず、

 

各実践者がどの7つのテンプレートのうち、

一体どんなテンプレートを使用したのかすら不明です。

 

 

7種類のプロダクトローンチ

 

 

7種類のプロダクトローンチに参加することで

7つのテンプレートの詳細を知れるはずですが、

実践者たちがテンプレートを使ってプロダクトローンチを行い

本当に謳われているだけの成果を上げているのであれば、

 

各テンプレートの内容はどのようなものなのかを

想像できる説明を加えて欲しかったというのが率直な意見ですね。

 

 

巷で頻繁に公開されている無料オファーで講師を務める人物の大半が

自身の経歴を偽っているケースが非常に多いことから

北野哲正さんや松本剛徹さん、小島幹登さんの経歴が

100%信用できないという方がいらっしゃるかも知れません。

 

しかし、彼らについてはネット上に情報が多数挙がっていることから

完全に経歴を偽っているとは思えません。

 

 

話は変わりますが、7種類のプロダクトローンチの

公開期限が3月29日までということで

残り時間はわずかとなっています。

 

3月29日を過ぎてしまえばオファーの詳細はもちろん

7つのテンプレートや扱うコンテンツの詳細を知る機会を

失ってしまうということになります。

 

この手の無料オファーでは最終的に

高額塾や高額オファーに誘導されるケースが非常に多い中、

7種類のプロダクトローンチではプロダクトローンチの手法そのものを学べ

副業感覚で実践するだけで大きな収入を得ることが可能です。

 

 

無料オファーページの内容だけでは

7つのテンプレートや実践する際に扱うコンテンツの詳細など

知りたい情報が一切非公開になっているとはいえ、

これから新たに参加したとしても

全く稼げないという事態にはまず陥らないはずです。

 

 

とはいえ、参加を検討している方の中には

 

『7種類のプロダクトローンチに参加するのは良いけれど

 もし万が一高額塾や高額オファーに誘導されたらどうしよう』

 

と不安に感じる方がいらっしゃるかも知れません。

 

ですが、参加したとしても自分にとって不要な情報だと思ったら

極端な話、参加しなければ良いだけの話ですから

参加者にとって金銭的なリスクは一切ないと言っても過言ではありませんね。

 

 

今や一つのビジネスモデルとして定着している

プロダクトローンチを実践して収入を得たいと考えているのであれば

今回のオファーの詳細を完全無料で知れる今のうちに

参加するだけしてみるのもアリではないかと思います。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

7種類のプロダクトローンチ

最近のコメント

    為替変動リスク