高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

高木彰人のJRA倶楽部は信用できるのか?

 

高木彰人のJRA倶楽部の概要

 

高木彰人のJRA倶楽部

タイトル:高木彰人のJRA倶楽部

運営責任者:高木彰人

高木彰人のJRA倶楽部

 

高木彰人のJRA倶楽部の概要

 

最近、ネット上での話題を一気に独占し、

何か新しい時代の波を予感させる様なノウハウが押し寄せてきました。

 

どうやらそれは副業ビジネス関連のノウハウだそうです。

 

全く新しいノウハウということで、

何故か異様な期待感を煽られるような気がしてなりません。

 

今回の仕掛け人は…馬主さん、ですか?

かなり異色な分野から現れましたね。

 

お名前が高木彰人さんという方らしく、

今まで一切こういった場に顔出しをせずに

独自で生み出したビジネスモデルで莫大な金額を稼いでいるそうです。

 

高木彰人のJRA倶楽部

 

なるほど、確かに相当なお金を持っていないと

馬なんて買えませんからね(笑)

 

そんな馬主である高木彰人さんのビジネスモデルですから、

関心を持つ人が多いのも頷けますね。

 

 

高木彰人のJRA倶楽部はどんなもの?彼の第一印象は?

 

それでは早速、高木彰人さんのビジネスモデルについて

簡単に説明しておきますと

 

「やり始めた初月から40万円の報酬が発生するだけでなく、

 更に半年後には完全フルオートで月収100万円の安定した収入が確定する」

 

「過去に62名の実践者がおり、その全員が月収100万円以上の安定収入を得ている」

 

「初期費用や顔出し一切ナシの、ノーリスクビジネス」

 

 

このビジネスモデルの概要を知った上で最初の感想ですが…

 

 

「とても規格外というか、本当だったら物凄いことになるぞ!」

 

 

というものでした。

 

巷に溢れている情報商材なんて、9割以上は結局稼げないものですから、

それが常識だと思っている私からしたら、

高木彰人さんのビジネスモデルは非常識極まりないなという感じでした。

 

そうは言っても、まだビジネスモデルの全貌も明らかになっていないのに

過度な期待は禁物ですし、あまりにも出来過ぎたノウハウなので

高木彰人さんの言うことを全部鵜呑みにしている訳じゃないことを分かってください。

 

どちらかと言うと、まだまだ疑いの気持ちの方が強いです。

 

そりゃそうですよね。

それだけの情報で全てを信じろという方がおかしいですから。

 

というわけで動画を拝見してみました。

 

疑り深い私なので当然初めは疑ってかかりますが、

動画自体は無料で見ることが出来ます。

 

その動画の中で、このビジネスについての

何らかのヒントが絶対隠れているだろうと思って見てみると、

また違った視点から考えられるのではないかと思います。

 

では動画を見た感想も交えながら検証していきましょう。

 

動画自体は1時間弱と比較的長めですね。

 

まぁたまにあるような、メリット部分だけを編集で繋げて、

いかにも優れたノウハウのように見せる動画なんて、

世の中に数え切れないくらい存在します。

 

途中で飽きてきたら見るの止めよう、位の簡単な気持ちでスタートしました。

 

インタビュアーの野呂田さんと共に高木彰人さん登場です。

 

高木彰人のJRA倶楽部

 

第一印象としては馬主さんと言ってたから、

もう少しお年を召した方かと思ってましたが、

そう考えると、意外と若いんですね。

 

20代に見えなくもないです。

 

そして口を開けば、少々早口な部分もあって

少々聞き取りづらいが、テンションはMAXですね(笑)

 

パワフルさが伝わって来て、彼のビジネスモデルに

より一層の期待感が強まりましたね。

 

前半部分は漫才でも見ているかのような掛け合いで

実際に届いた質問メールでも

 

 

「高木彰人さんは芸人さんですか?」

「お笑い界の方が出されたんですか?」

 

 

といった内容がちらほらありましたから、

私だけがそう思っていたわけではないようですね。

 

個人的に面白かったのは、

 

 

「貧乏人は競馬、お金持ちは乗馬」

 

 

というセリフでした(笑)

 

普通に言ったら世間の人を小馬鹿にしたような言い回しですが、

それを嫌味に感じさせないのは、高木彰人さんのお人柄でしょうか…。

 

 

高木彰人のJRA倶楽部の2本柱「独占」と「ギミック」

 

1話目の動画で軽快な掛け合いトークから徐々に、

今回のビジネスモデルについてのお話へと移行していきましたが、

そこで印象的だった言葉が

 

 

「独占」と「ギミック」

 

 

という、あまり聞き慣れない言葉でした。高木彰人さん曰はく

 

 

「この2つさえ押さえていれば、誰がやっても結果が出せる」

 

 

とのことです。何故か妙に信憑性の高さを感じてしまいます。

 

独占自体は何となく理解が出来ます。

 

ライバルや競合がいない市場に、自分が最初に参入すれば、

勝手に人が集まってくる。

 

コンビニの例でも分かり易かったですよね。

 

人工が多くてもコンビニが無い場所、確かにありそうです。

そんな場所に自分がコンビニを出せば、お客さんが勝手に集まってくる。

 

コンビニは24時間営業だし、生活に最低限必要な物は

全て賄えるといったことを考えても、

コンビニを出店してその場所を独占することで大きな利益が出ます。

 

更にそこに必要なのがギミック(仕掛け・からくり)。

 

お客さんが集まって来れば、そこに売上の上がる仕掛けを

作る事で、売り上げが爆発的に跳ね上がる。

 

言ってる事は全て的を射ていますから、

それに関しては否定のしようがありません。

 

逆にどこかに落とし穴が無いか、

という方向に意識が集中してしまいがちですね。

 

ビジネスモデルの具体的な内容については、

やや説明が分かりにくい部分もありましたが、

それは次回以降の動画で明らかになるでしょうから、

それまで待つしかなさそうです。

 

 

どうしてそこまでリスクを抱え込むのか?

 

動画の中で高木彰人さんは、

様々なビジネスジャンルを正面から否定しまくってましたね。

 

転売に始まり、メルマガアフィリエイト、FX、競馬に至るまで

実に様々なジャンルの否定は、見ている人に衝撃的な

印象を与えたのではないかと思います。

 

今回初めて公の場に登場したとは言ってますが、

あそこまで否定してるわけですから、

相当な数の人たちを敵に回してしまう可能性があります。

 

まぁ嫌がらせだけで済むならまだマシですが、

変な団体に圧力でも掛けられたら大変です。

 

そんなデカ過ぎるリスクを抱えて

動画で発言している姿を見ていると、

自分のビジネスモデルに絶対的な自信を持っていて、

それがああいう形での表現になってしまったのではないか、

と個人的には思っています。

 

未だかつて、あそこまで外部の人間を敵すような

発言を公の場で発信した人がいたでしょうか?

 

それぐらい高木彰人さんの否定の仕方が

テレビコメンテーターのようにも見えて、

動画を見ている方はワクワクと悪い意味でのドキドキが入り混じった

複雑な心境だったのではないかと思っています。

 

いずれにしても、今回の動画で分かったことは

 

 

“独占とギミックを使ったビジネスで資産として積み上げて行って、

 最終的には自分では何もしない、完全フルオートでの報酬を

 発生させることが可能なビジネス”

 

 

ということでした。

 

先程も言った通り、それらの詳細は次回以降の動画で

より明らかになって来ることは間違いありませんし、

過去に実践者が何人もいますから、高木彰人さんの性格からして

モニターさんをゲストとして呼ぶのではないか、と勝手に想像しています。

 

いや、むしろその方がより信憑性も強まりますし、

見ている人ワクワクするでしょうから、

そういったことも以降の動画で見れると有り難いです。

 

いずれにしても、こちらでも引き続き検証を行っていきますので、

どんな些細なことでも構いませんので、

何かりましたら遠慮なく教えて頂きたいです。

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

高木彰人のJRA倶楽部

最近のコメント

    為替変動リスク