高額情報商材&高額オファー案件専門 2チャンネル

高額情報商材や高額オファー案件をメインに取扱い、各案件ごとに弊社グループ組織が徹底調査を行いネット業界にどこよりも早くリアルタイムで一斉公開(暴露)するブログ。

◆当調査ブログ推薦◆ デーブ森田のデブトレFXの優位性

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』の概要

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

タイトル:元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

運営責任者:デーブ森田(森田真之)

販売会社:合同会社カノープス

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

既にネット上でも大きな話題に

 

他の検証ブログでも多数取り上げられている

デーブ森田さんのデブトレFXですが

いずれのブログでも、デブトレFXに対して

非常に高い評価を付けているようです。

 

当調査ブログでも複数回にわたって調査を進めてきて

デブトレFXの詳細まで知ることができましたので、

他のブログでも高く評価されていることについても納得です。

 

販売がスタートしてそこまで経っていないにも関わらず

ここまで話題として取り上げられてますから、

これまでにない位の可能性を秘めていることが想像できます。

 

 

早くもこれだけ多く反響が出ているため

当然と言えば当然ですが、インフォトップでも1位を記録し

常に上位を保つほどの売れ筋を記録しています。

 

購入する方が急増しているということは

多くの方がデブトレFXに可能性を感じているということですから、

他のシストレ商材と比べてどれくらい優れているかも気になりますね。

 

 

2015年も残り僅かというところで販売され

話題を独占しているくらいですから、

これがもっと早い時期に販売されていたとしたら

今年販売されたシストレ商材の中でも

ダントツの人気を誇っていたことは間違いないでしょう。

 

 

では、今回はこれまで調査してきた内容を元にして

デブトレFXの優位性を具体的に調査してみたいと思います。

 

 

他に比べ会員サイトの充実ぶりが半端じゃない

 

現在は多くのシストレ商材に言えることですが、

購入すると専用の会員サイトにログインでき、

会員サイト内から様々なマニュアルをダウンロードできます。

 

ここ1年くらいでこの形式が一般的になってきているわけですが

デブトレFXでもそういった形で

参加者にとって学びやすい環境が整っています。

 

閲覧できるマニュアルの種類も実に豊富で

 

・FX初心者向けのトレードマニュアル

・実際のトレードを用いた音声解説入りの動画マニュアル

・トレードロジックの詳細

 

といった具合で、デブトレFXを実践する上で

欠かせない要素が多く盛り込まれています。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

閲覧できるマニュアルの項目は複数ありますが、

一つ一つのボリューム自体はそこまで多くないので

集中して取り組むことができれば、

1日だけでも十分に知識として蓄えることができます。

 

 

中でもトレードロジック詳細の項目では、

デブトレFXで最も重要とされている

 

“ドル円とNYダウの相関性”

 

について徹底的に解説されているため、

なぜドル円とNYダウに照準を絞っているのかを

明確に知ることができます。

 

 

デブトレFXの中核と言っても良いレベルですので、

この項目はしっかり押さえておきたいですね。

 

 

更にはスマホでトレードが可能ということで、

MT4の設定方法や実践活用方法などが

ふんだんに詰め込まれていますので、

トレードの大半をスマホで行いたいという方は

必ず目を通しておかなくてはならない項目です。

 

 

ドル円とNYダウの相関性が、デブトレFXの生命線

 

先程も挙げたドル円とNYダウの相関性ですが

この相関性に基づいたロジックが

デブトレFXの中枢部分と言っても過言ではありません。

 

このロジックが他のシストレ商材では

絶対に採用されていない内容ということで、

他の商材よりも圧倒的に優れている部分でもあります。

 

 

ドル円とNYダウの相関性についておさらいしますが、

投資でいう相関性は

 

“2つの投資対象の間に値動きの関係がある”

 

ことを指しています。

 

主に正の相関性・負の相関性といいますが

正の相関性とは2つの動きが似ていること、

負の相関性は2つの動きが逆になっていることです。

 

一般的にドル円には

 

“通常の値動きが極端に大きくなりにくい”

“レンジ相場の期間が長い”

 

という大きな特徴があり、ユーロドルなどと比べても

比較的値動きが緩やかになっています。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

一方NYダウには、

 

“1日の中で大きなトレンドで値幅が出る”

 

という特徴があります。

 

一般的に60pips以内のレンジをブレイクしたら

トレンドが継続しやすくなりますから、

そこを狙ってエントリーできれば

ダマシを回避しやすくなるということです。

 

 

ドル円とNYダウは非常に似た値動きをする以外に

大きな特徴を持っていますので、この2つだけでトレードした方が

明らかに結果に結び付きやすくなりますね。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

結果的にデブトレFXで採用されているロジックは

 

“ドル円とNYダウが同じ方向性を示していれば順張り”

“そうでなければ逆張り”

 

という、非常にシンプルなロジックに仕上がっています。

 

つまり相場の状況に合わせて2つのエントリーパターンがあるため、

どちらの相場でも対応できる方法だということです。

 

 

ここまで万能なロジックは過去に類を見ない内容ですので、

デブトレFXを実践して稼げないという事態には

まず陥らないと言っても大げさにはなりませんね。

 

 

デーブ森田の強力なサポートも後押しに

 

明確な根拠を持ったロジックのみならず、

極めてシンプルな手順だけでトレードが完結しますが

それでも疑問点や不明点があった場合には

デーブ森田さんの強力なサポートが後押ししてくれます。

 

デーブ森田さんといえば、「みずほ証券」に在籍していた頃は

電話でのサポートを主に担当されていましたから、

この手の電話サポートに関しては

どんな販売者よりも優れていることになります。

 

実際に電話サポートを受けた購入者の感想も

ネット上の掲示板などで確認できますし

デーブ森田さんのサポート力は本物だと言わざるを得ませんね。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

今では1日1回30分となっていますが、これから参加者が急増すれば

1回あたりのサポート時間が短くなってしまうかも知れません。

 

そうなってしまうと、本当に疑問に感じている点を

100%解消できないままトレードを続けることになりますので、

まだ電話サポートを利用していない方は

今のうちに利用して疑問を解決しておくことをおすすめします。

 

 

電話サポートの時間外でしかトレードできないという方は

メールサポートも有効に活用することで

電話サポート並みに強力なアシストをしてくれますので、

今後のトレードの為にも活用しておきたいところです。

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

 

このように、デブトレFXには他のシストレ商材にはない

圧倒的なロジックと心強いサポートが付いているため

 

『いざ購入したはいいが使いこなせない…』

 

ということはまず100%ありえないでしょう。

 

私自身も実際にサポートを受けてみましたが

さずがこれまで2400人もの顧客をサポートしてきたとういだけあって

他の商材の販売者とは比較にならないほど親切かつ丁寧です。

 

というか、デーブ森田さんのサポートを受けた上で

使いこなせないという方は

他のどんな商材を買っても使いこなせないでしょうね…。

 

そういった理由からも、もしシストレ商材選びで

悩んでいる方がいるとしたら、

私は迷わずデブトレFXをおすすめしますね。

 

 

当調査ブログでは各種オファーの調査依頼、

お申込み相談なども受け付けておりますので

疑問や質問があればお気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

 

⇒ 【お問合せはこちらから

※メーラーが使用できない方は☆を@に変えてお問合せ下さい。

 info☆seoption.info

 

 

今日はこの辺りで検証を終えたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

元みずほ証券 森田真之監修 『デブトレFX』

最近のコメント

    為替変動リスク